社畜批判

ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!

2017/10/18

先に結論を言ってしまうとブラックからホワイトへの転職は可能

 
 
 
どうも!数々の企業を渡り歩いた経験を持つAtusiです!
 
 
ブラック企業にお勤めの人の中で「ココを辞めてもホワイト企業に行けるはずがない」と諦めている人って時々見かけます
 
実は転職って動くまでは凄くしんどいのですが、一回動き始めるとそうでもないんです

失敗しまくってる私が言うのも何ですがブラックからホワイト企業への転職は普通に可能だと私は断言します

 

私は行った所がすべてブラックでしたが、沢山失敗したからこそ見えてくるものがありました
 
そしてこれは失敗しないと分からないことなので、この記事を見ている皆さんには先に地雷原を歩いた私の失敗を活かして、転職を成功させるために必要な事を書いてみようかと!
 
 
 

十分な蓄えor副収入の道を作っておく

一番の悪手は後が無いからと行って、調べもせずに焦って入社してしまうのがやっちゃいけないパターン
 
とりあえず数ヶ月は餓死しない仕組みを作って、余裕を持つことが大事
 
 
雇用保険という制度もあるので即・生活に困るということは無いでしょうけど、たまに入った瞬間ブラックだったと分かっても就職したから雇用保険が切れて後が無くなるというパターンもありえます
 
ただ会社に求人内容が違ったり労基法違反しているなど重過失があればブラックをすぐ辞めてもすぐに雇用保険を引き続き受けることが出来ますが、支給資格のある日数は回復しないのでその辺が厄介な所
 
 
やはりそういうことを考慮すると、何かしらの蓄えは持っておくべきですし、投資でも副業でもなんでも良いので会社に依存しない収入源が数万でもあると精神的な余裕が全然違います
 
それに副業が上手く行って、別に就職しなくても生きていけるってなったらそれはそれでありですからね
 
 

  

就職しようとする会社の情報を集める

とにかく地雷を踏むか踏まないかは事前の情報を集めることで回避率は大幅に上昇するかと
 
例えるなら、過去に紛争地域だったという事を知らずに森に入って地雷を踏むようなモノで、森に入る必要があっても情報があればそれだけ予防策を取ることが出来ますからね
 
 
あまりハロワは利用したくないですが、親切な人に当たると受けようとする会社がどういう会社が教えてもらえることがたまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーにあります
 
細かいデータまでは出してもらった覚えは無いですけど、どれくらいの期間出ているとか、何人受けたとかそういう情報でも参考になりますからね
 
ここで仕入れた情報が常識とはかけ離れていた場合は何か問題があることが多い
 
 
絶対に利用すべきと断言するのは「キャリコネ転職サービス」の口コミ情報とかは行政よりも信用できるので、登録して閲覧することを全力で薦めますね
 
過去の履歴とかもきっちり入力しておけばスカウトも来るので一石二鳥です
 
 
私も過去に利用しましたが、大手どころかある程度の中規模の会社であれば大体の会社の情報や内情が載っていますし、私も過去に居た会社の事を調べたことがありますが、本当に働いている人の生の情報なので全面的に同意できるような内容ばかりでした
 
欠点を強いてあげるとすれば、あまりにも会社規模が小さすぎたり、聞いたことのないようなドがつくほどのマイナー会社は載ってない可能性がありますし、私もそれで地雷を踏んだことがありましたね
 
利用するのは無料ですし、大半のブラックを避けるために大きな判断材料になることは間違いないのでブラックを回避するなら絶対にこのサービスは使うべきと断言しますね
 
 

 
 
 
キャリコネ転職サービス」ご利用はこちらより 
 

表面上では分からないドス黒い何かが見えてくるので、危険を察知したら絶対にやめておくべきだと断言します 

  
 

中小企業は避けるべき

上の転職口コミで情報収集がし辛いので分かりにくいという側面もあるんですが、ホワイトな待遇で会社を運営しようと思うとそれなりに余裕が無い会社じゃないと良い待遇で雇うなんて出来ません
 
中小企業はそういう点で余裕がない風前の灯火や自転車操業になって火の車だったりするので、ホワイトな待遇を実現できていない可能性が非常に高い
 

たまに中小でもホワイト企業はあるって話は聞きますし、ウソでは無いと思うけど、数々の中小企業を経験した私の中ではそれは本当に都市伝説レベル 
 
無いことは無いんだろうけど、探すにしても効率が悪いのです
 
釣りに例えるなら堤防から大物を狙うようなモノで、釣れない可能性はゼロじゃないけど船で沖まで出て探したほうが効率良いよねって話 
 
 
 
だからこそ会社の規模がある程度の所を狙って求人を探すべきだと実感したし、それに大きいところの方が入ってから小さい所に比べると自分が目立ちにくいので「仕事で自己実現!」とか意識高い系には物足りないかもしれませんが、少なくともこのブログを見るような人は「生きていけるだけの金が稼げたらそれでいい」って感じの意識低い系ばかりだと思うので、そういう人には大きい所を推奨しますね 
 
 
  

ブラック企業をリストから排除して求人を出してる所を選ぶ

事前の調査や、特徴からある程度の傾向はつかめるけど、それでも回避出来る可能性はゼロじゃないのが悩みどころ
 
確実に対策を取ることは目に見える地雷を省くことが出来るので、その結果として相対的にホワイト企業への就職もしやすくなるので絶対にやるべきなんですけどね
 

そしてブラック企業を避けるためには、求人からブラック企業を避けている所を使うのが一番手っ取り早い
 
その中でもブラック企業を徹底的に排除していると公言しているのが株式会社ウズウズが運営している転職支援の「第二新卒ナビ」のエージェント
 
内定率も83%と高く、ブラック企業を徹底的に排除していると公言しているエージェントはまだまだ少ないです 

第二新卒ナビという名前だけあって18~29歳までという年齢制限と、関東では新宿の本社、関西では大阪の支部まで直接行かないとサポートが受けれないのがちょっと欠点
 
ただ逆に言えば新宿か大阪に通えるようであれば利用してみる価値は相当高いと言えるでしょう
  

  

第二新卒ナビの利用はこちらからどうぞ
 
  
 

 
 
他にブラック企業を排除して求人を出しているエージェントと言えば「ネオキャリア第二新卒エージェント」さんも該当しますね
 
このエージェントの強みはブラック企業を除外しつつ、上の「第二新卒ナビ」さんよりも勤務地の選択肢が豊富なこと
 
 
関東では東京、埼玉、神奈川、千葉
 
関西では大阪、京都、兵庫

 
と関西と関東の主要都市は抑えており、現在も順次拡大中です
 
 
第二新卒ナビ」さんと比較すると対象年齢が18~27歳とほんの少し狭まってしまうのが欠点ですが、その分はサポートが入社前・入社後を問わずにあり1人あたり平均10時間も手厚く受けれるので年齢がこの範囲に収まるのであればこちらのほうがおすすめです 

 

ネオキャリア第二新卒エージェントのご利用はこちらより  

  

後は完全にブラックを排除できるとは言えませんが「DODA」もエージェントの利用先の候補としてはあり
   
第二新卒ナビ」や「ネオキャリア第二新卒エージェント」比較すると、そこまで厳選はしてないので玉石混交になる可能性は否定できませんが、それでも他のエージェントに比べると掲載料が2割ほど高いのが労働者には利点
 
一見、利用者は無料で使えるので関係ないように見えますが、ブラック企業というのは出来るだけ費用を抑えて求人を掛けたいと思う所が多く、その証拠にハ○ワとか無料で求人出せるところにブラックしか無いのが証拠です
    
 
 
 

完全なホワイトは難しいかもしれませんが、自分で耐えられる範囲を予めアドバイザーに伝えておけば希望に沿った条件を出してもらえます
 
最大手だけあって全国で老若男女問わず使えるので「第二新卒ナビ」や「ネオキャリア第二新卒エージェント」よりは選択肢が多いのが利点でしょう
 
どっちにしろ選択肢を多く持つと言うのは間違った方法では無いので、どっちも使ってみて比較するのもいいでしょうね
 
 

 
DODA   

DODAの利用はこちらより

 

終わりに・最終的には運だけどやれることは全部やっておこう

なんだかんだ言って最終的には運が絡むのですが、それでもホワイトへの転職確率というのは自分の努力次第で限りなく上げることは可能なはず
 
見えない地雷を踏んだらご愁傷様だとは思うけど、地雷があるかどうかってのは調べてみても良いんじゃないかなって思う
 
上にも書いてますが、自分でこのような努力をすることは決して無駄では無く、100%回避できる最初から踏む必要のないブラック企業を選別するための行動です
 
そういうことをすることでブラック企業が少しでも候補から外れることで相対的にホワイト企業への就職が上がる行為なのです 

 
ブラック企業に就職すると全然見返りない上に自分が消耗するだけで良い事なんて全く無い
 
あるとすれば経験談を私みたいにブログで発信してお金儲けに繋がる可能性があるかも知れないけど、ぶっちゃけそれなら普通にホワイトで仕事している方が色々と楽です
 
 
それにホワイト企業で働くというのは、正しいことをしている企業の利益になるし、相対的にブラック企業を人手不足で潰すことに繋がるので、自分自身や社会全体の為にブラックからはさっさと抜け出して、真っ当な商売をしているホワイト企業で労働すべきなんですよね
 
しかもブラックの利益の出し方は必要な事をしていない不正競争なんで、そういうのをほっておくとホワイトな会社まで潰れますからね・・・
 
「悪貨は良貨を駆逐する」ってことわざがあるけど、まさにそれじゃないかなって思いますね
 
 
しつこいようですが「キャリコネ転職サービス」はブラック企業を避けるのであれば絶対に必須の登録先だと断言できるので、表面から見てわからない情報はここで登楼して実際に働いている人の口コミを見るのが一番の対策ですね
 
逆に言えばコレ読んでブラック行くのなら絶対に回避は不可能と言い切れますし、私も失敗した時はココで情報が乗ってなかった会社ですからね・・・
 
上にも書いてるようにコレで出てこない中小企業は絶対に避けるべきでしょう
   
↑登録はこちらより 

 
という訳で、ブラック企業に努めているのであればホワイト企業への転職の準備をして抜け出す準備をするべきですので
 
 
会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!
 
最近はこんな転職に使えるサービスがネットさえつなげれば無料で利用できるので、そういったサービスをまとめておきました!
 
転職を考え中ならこれらも利用するのもありでしょう
 

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  
 
後はどれだけ対策を行っても個人の力では完全に回避するのは難しく、対策としては企業と直接やり取りをして内情をよく知るエージェントに間に入ってもらうのも方法の一つ
 
上のリンクはニートやフリーターなどを対象に書いてますがもちろん転職者でも利用できるものばかり集めてますし、数も豊富にあるので自分にあったのも探しやすいでしょう 

数打てば当たるの精神で、ブラック企業だと感じた瞬間に辞めて、再びこのようなのを利用して最後はホワイトにありつくというのが王道ですね

ツイートツイート

-社畜批判