社畜批判

仕事を辞めたいと思った時、親や周囲が反対でも押し切るべき理由!

辞めたいと感じた時が仕事の辞めどきじゃないでしょうか?

 
 
 
どうも!今まで10回ほど転職を経験してきたAtusiです!
 
 
社畜をやってると結構辛かったりするものなので、社畜をやってる人の大半は仕事を辞めたいと考えたことがある人じゃないでしょうか?
 
しかし仕事を辞めるというのは普通の人にとって重大な決断なので親や友人などに相談すると結構な頻度で反対されるんじゃないかなって思います
 
 
私も過去に仕事をぽこぽこ変えた時、友人はそうでも無かったのですが、親や親と同世代の人間には沢山反対されました
 
けれども私は強引に周りの静止を振り切って仕事を沢山辞めてきましたが、今のところは仕事を続けているよりもストレスがない生活を送っています
 
 
私はこの経験から周囲から反対されても仕事を辞めたいと感じた時点でもう辞めるべきだと感じたので、今回は仕事をやめたいけど周囲に反対されている人の背中を押せる記事を掛けたらと思ってキーボードを叩きます
 
 
 

親世代は辞めないことで成功体験を得てきた・・・が!

私が思うに団塊の世代が仕事を辞めることを反対してくるのは、後述する辞めることがどういうことか分かっていないのと、今までの成功体験があるからなんじゃないかなと分析します
 
 
私の親も、私が仕事を辞める時にはかなり反対してきた人間ですが、その人生を見てみると同じ職場に40年近く居て給料も年功序列に上がっていき、退職金も8桁半ばくらいもらって居ました
 
確かにこれは成功と言っても過言じゃないので、親がこういうお宝に自分自身がありついた経験から継続することを望むという姿勢は分からなくもありません
 
 
しかし現役世代は、継続して働いていたとしても昇給するどころか税金なんかで手取りが減るという現象が起きたり、退職金なんかも段々と廃止する流れになってきているので、嫌なことを耐えてまで継続するというメリットがなくなってきています
 
しかも親世代は現役の戦線を退いた身なので、就職の最前線で今起こっていることについてとてつもなく疎いです
 
若者世代では当たり前のブラック企業という言葉も、団塊世代は知らないって人が結構居るんじゃないでしょうか?
 
 
だから時代と戦況がもう変わってきているのに、過去の成功体験にしがみついて身動きが取れなくなているんですよ
 
そしてもう最前線を退いちゃってので、身動きする必要も無いし、最新の情報を仕入れる必要も無いのが反対させる理由を加速させています
 
 
 
ストレートに身も蓋もない言い方をすると
 
「時代遅れ」
 
なんですよ
 
 
 

周囲の人間は辞めたことが無いので辞めることがどういうことか分かっていない

それにこの様に最後まで同じ企業で勤めた人間には、仕事を辞めるという事がどういうことか分かっていない可能性が十分高いです
 
人によっては「無職になった瞬間に即死する!」なんて被害妄想がある人もゼロでは無いはず
 
だから無職になることが犯罪者になることや、凶悪犯に殺されるモノと同等に見てるくらい得体の知れない何かなので警戒をしているんじゃないかなと
  
 
 
もしこれが、転職や無職を経験したことある人ならほぼ確実に貴方が「辞めたい」と相談すれば確実に背中を押してくれるはず
 
そういう人は仕事をやめた所で大したことが無いし、命を落とす事も無いことを知っていますからね
 
 
ちなみに私に仕事を辞めたいと相談した場合は、背中を押すどころか、背中に全力疾走で助走をつけてドロップキックかます勢いで辞めることを推奨します
 
私は無職になって成功した人間だと思っているので、社畜よりも無職の方が素晴らしいって思っていますからね!
 
 
もしやめたい時に背中を押してほしいのなら、行動を行って成功した人に話をしてみる方が絶対にいい!

 

他人には耐えられても、貴方には耐えられないモノ

他人から見れば「そんな大したことでも無いのに?」って思うかも知れませんが、自分にとって耐えられないことと言うのは確実に存在しています
 
 
簡単に出てくるものと言えば食べ物でも人によって好き嫌いがあったりして、駄目なものはどんなに良いものでも駄目ということがあると思います
 
私の場合ですと調味料の「酢」が無茶苦茶苦手で、私から言わせればアレは生物兵器の一種
 
みんなが美味しい美味しいと食べるお寿司なんて私には拷問に近い行為ですし、マヨネーズなんかも食べられる神経が理解できない
 
最近はこれでもマシになりましたが、昔は一滴でも入ってると体が拒絶して吐き気がしましたからね・・・
 
 
 
多分、他の人もこの様に周りが平気でも自分には無理なものがあるので、アドバイスする人には平気でも自分では耐えれないという可能性がある
 
 
だから仕事に耐えられない・やめたいという気持ちは他人に相談して相対的なモノでは無く、自分の中の絶対基準で決めるべきなんですよね
 

  

周囲の人間は当事者じゃないので惨状が分からない

それと辞めたい原因になっている事は当事者じゃないと分かりません
 
例えば、インターネットで「この焼肉屋が美味しい」と書いてあるだけなら
 
・肉質がいいのか?
 
・タレが美味しいのか?
 
・焼く装置が良いのか
 
などなど、同じ美味しいでも情報がいっぱいあります
 
 
だから仕事が辛いということ伝えたとしても、自分が感じたことを100%相手に伝えるのは神経接続でもしない限りは不可能なんじゃないかなって思っています
 
100%を理解できないから「大したことが無い」と思って、辞めることを静止してくる可能性もあるかと
 

 

反対した人間は続けることで失敗しても責任取ってくれないよ?

他人というのは私を含めて無責任な生物です
 
仮に仕事を辞めることを反対し、そこで継続することで精神病にかかったり五体不満足になったりしても、反対した人間は絶対に責任をとりません
 
ギリギリ親だったら、一生生きていける位の財産を残してくれる「かも」しれませんが、そんなもんよりも健康体のほうが絶対にいい
 
 
これは賭けてもいいけど、周囲に反対されて継続して何かしらの障害が起きても
 
「そんなもん知るか!自己責任だ!」
 
って言って一蹴してきますよアイツらは・・・
 
 

それだったら同じ自己責任なら、自分で選択を行ったほうがどういう結果になっても他人任せにするよりは納得できますからね! 
 

辞めたいと感じた時点でメリットよりもデメリットが勝ってる

もし仕事を辞めたいと感じた時点で、得られるものよりもデメリットのほうが自分の中では上回っているという計算が終わっているんでんすよ
 
仮に仕事が楽しいと言ってる人間に「それを無償でもやりますか?」って聞けば99%以上の人間は仕事を放棄するはずだ
 
 
お給料が高ければ仕事は辞めないよ。と言うのはデメリットよりもメリットを勝らせれば人間なんてそう辞めないと言ってるのと一緒なんです
 
 
それが人間関係かお給料か技術なのかノウハウなのか、その辺は当事者じゃないと分かりませんが、辞めたいと思っている時点で貴方の中で得られるモノがもうそこには無い
 
 
私も今まで辞めた職場は、給料を倍どころか3倍になってももう一度やろうとは一切思えません
 
多分5倍だったらやっても良いかなって思いますし、そういうことなんじゃないかなって
 
 

  

終わりに・別に仕事は辞めても死にはしないよ

仕事を辞めることを極端に恐れる人が世の中大半ですが、仕事は辞めたからといって即死するわけではありません
 
むしろ仕事という枠にはめられているから頭の回転も鈍くなるんじゃないかなって仕事を辞めた私が思いますね
 
 
だからこそ仕事を辞めることを極端に恐れなくて良いし、所詮は生きるための銭を稼ぐための行動です
 
 
辞めたとしても失業保険とかで目先は大丈夫ですし、人生でちょっとくらい休憩する時があっても良いんじゃないでしょうか?
 
少しのんびりしながら
 
10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス
 
にでも登録して、ゆっくりと口コミ見て自分に合いそうな職場を見つけるのも悪く無いでしょうね
 
私も職を探している時は、ココで労基などのガバガバチェックでは無く、本当にいた人のナマの声を見て居ました
 
就職しなくてもこの生の声を見るだけでも結構楽しいですw
 

 
ちなみに私も在籍して痛めつけられた会社のことを思いっきり書いてるんで、暇だったら見つけてみて下さい!
 
もしかしたら会社が消滅していてなくなっているかもしれませんけどね!

ツイートツイート

-社畜批判