投資の勉強

預金封鎖に備えよ!国から資産を守れ!ビットコインでリスク分散だ!

2017/02/01

ぼちぼちこういうことを考える時期が来ていますね

 
 
 
どうも!投資取引で収入を得ているAtusiです!
 
 
株式取引をやっていてココ数年の間に、口座の開設や既存の口座にマイナンバーの適応がされるようになりました
 
このマイナンバーという制度ですが、表向きは手続きが楽になるとかそういうことを言っていますが、実際は税金を確実に取り立てる為に国民の財産を把握する最悪のシステムだと私は思っています
 
 
財政破綻の先にある預金封鎖という危機の対策の為に資産運用はすべき!
 
 
預金封鎖対策に以前はこの様に株式売買を勧めて居たのですが、株式口座もマイナンバーで把握されてるとなると、国が本気で国民の財産をむしり取りに来た時には株では心配かなと
 
一応実物資産という手も考えたのですが、金など実物資産だと預金封鎖なんかあった時に新通貨にスムーズに移行できるか怪しいですし、FX(為替)という事も考えて見たのですが、今の世界情勢を見るとアメリカの事や欧州の不安の事を連日、経済ニュースで不安を煽って切るのでこれもどうかなぁ・・・と
 
なんか大きく傾きそうな予感がしているので、日経平均が下がった時に値段が上昇する「ダブルインバース」を余力全部突っ込んで待機していますからね 

 
そこでリスク分散の一つに最近流行りの仮想通貨「ビットコイン」が選択肢に上がってきましたので、今回はこれについてリスク分散からどういう点で有効なのかということについてお話しようかと
 
 
 

自国のお金が預金封鎖されたとしても関係がない

過去にあった預金封鎖の例は、旧円から新円への移行を決めて、更に一日の銀行の引き出し額を決めて全部引きださせないようにして事実上の没収を行いました
 
円だけで資産を持っていると、こういうことが仮にあると自分の資産の大半を失うということになりかねません
 
 
そういう時に為替で持っていたとしても、すぐさま変換できるとは限りませんし、実物資産も換金できるかどうか怪しい
 

流石にこういうことが今すぐ起こるというわけでは無く未来のお話ですが、今のうちからこういうことに関して危機管理をしておくということは悪いことではありません
 
 
そしてビットコインというのは、日常でも使用できる仮想通貨として作られていますし、今と違って後の時代ではもっと一般的に普及しているのは間違いありませんので、仮に日本円が封鎖されたとしても影響を受けずに使用する事が可能かと
 
仮に一国の通貨を封鎖しても、他の国では有効ですから預金封鎖にあったからといって使用できなくなる可能性はまずない
 
それなら世界同時に使用を禁止しなければなりませんからね
 

  

世の中が不安になれば価値が上がる仕組み

このビットコインの良いなと思った点は、世の中が不安になれば上がる仕組み
 
最近のいい例だと、中国人が自分のところのお金である元が信用できないという不安から、大陸の方の人がたくさん買ったので急上昇してました
 
こういう人の「不幸で飯が美味い」というのは、日経ダブルインバースに近い性質があるかも知れませんねw 
 
 
ただそれだけ国の通貨の信用が無くなってきた時に、相対的に信用度が増すので、逃げ道として選択されるんですよね
 
 

 

 

変動相場なので有り金全部突っ込むのは危険!あくまで資産のリスク分散で!

私から忠告しておきたいのは、あくまで「リスク分散の手段の一つ」という事
 
このビットコインは、欲しい人と手放したい人の割合で値段が変動します。この辺は株と一緒ですね
 
相場を見ているとちょっと前に10万から15万円に大きく上がったかと思えば、そこから8万5千までぐいんぐいん動いてます
 
ですので「預金封鎖やべぇ!全額突っ込まな!」なんてことをして元金を割れるということも十分に考えられます 
 
 
 
あくまでこれはリスク分散で、仮に元金を割ったとしても、現金の方が使い物にならなかったり預金封鎖食らったりしたら、それよりは資産が残るという考え方の方が精神衛生上は良いかなと
 
 

 

変動相場なので差額を利用して儲ける人が居るけどそういう使い方はオススメしない

中にはこの変動を上手く捉えて儲けるトレーダーという人種が居ますが、私を含め素人にはそういう使い方はオススメしません
 
私が為替やビットコインで儲けることをオススメしない理由は
 
 
・大きく儲けようと思うと信用取引というリスクを背負う必要がある
 
・こういうのは国のお偉いさんの一言や事件・事故で目まぐるしく変動する
 
 
この2つ
 
上手く行けば儲かりますけど、株と違ってああいうのは運の要素が強いです
 
外したら死ぬという覚悟があるなら、お馬さんやお船さん自転車さんに一点掛けするよりは勝率良さそうですが、それでも信用取引を用いてまでするのはリスク高すぎ
 
 
 
正直、投資で儲けたいなら自分が惚れ込んだ株に現物で買って上がるのを何年でも待つのが一番賢くて勝率高いですからね
 
もし投資で儲けたい!という思惑があるならFXでもビットコインでも無く、株式取引のみ薦めますよ・・・
  
株と違って、業績で判断するとかそういう要素が一切ありませんから投資としては不確定要素すぎる 

   

今後は需要が間違いなく出てくる(2017/2/1追記分)

これの利点、というか本来の目的として世界中で使える共通通貨みたいな位置づけなので、海外からの来訪者が多い現在では為替相場に左右されること無く使うことが出来るという点は無視できません
 
それに世界中が不安定になると日本の円が買われて円高になるので、海外の人は円を買いにくくなるので訪日者が減ることも考えられます
 
特にこれから東京五輪とか外国の人が滅茶苦茶来ることが予想されるイベントとかも控えていますしね
  
 
それを見越して 

ビットコイン対応店急増 年内にも5倍の2万カ所に 訪日客向けに導入相次ぐ
 
こんな風に国内でも対応する店を増やすと経済新聞にも掲載されていますね

海外ではもう10万店対応したとかそういう情報も入ってきたりします
 
 
需要はますます伸びてくるでしょうし、ビットコインが開始してから4年で価値が100倍近くまで跳ね上がった事を考えると、購入は出来れば早いほうが良いんじゃないかな?って思えますね
 
まだマネーゲームの対象として見られているビットコインですが、一般浸透するのも時間の問題ですし、そうなった時にはもっと上がってる可能性のほうが大きいですね
 
 

終わりに・運用するならbitFlyerでどうぞ!

ビットコインを売買するのであれば現在の最大手であるビットフライヤー(bitFlyer) が一番信用できるのでは無いでしょうか?
 

こういう金融商品を取り扱う所は、会社が仮に倒産した場合でも一応は客の持っている商品やお金は別に保存することが法律で義務付けられていますが、下手に小さい会社だったりすると倒産と同時に雲隠れして自分の金融資産が返ってこないなんて事もゼロではありませんからね・・・
 
リスク分散の為に資産を買っているのに、国の有事よりも先に自分に過失のない会社の有事で資産が奪われたりしたらたまったもんじゃない
 
 
流石に大手の取引会社が倒産したとしても、自分の金融資産くらいは別に保存しているでしょうから、そういう観点からも会社にお金を預けて資産運用する場合は出来るだけ大手を選ぶべきですねぇ・・・
 
  という訳で、資産を守るためのリスク分散の為の選択肢として「ビットフライヤー」でビットコインで積立してみるというのはいかがでしょうか?
 
上にも書いたように儲けを出すための投資としてはオススメしませんが、自分の財産を守るという考え方なら余ったお金があったらちょっとづつ保険代わりに買い足していくのはありじゃないかなと思います!

ツイートツイート

-投資の勉強