社畜批判

「やる気ないなら帰れ!」と言われたら速攻帰るべき理由を語る

よくある問題の一つだと思うけど、コレの正解は帰るべき

 
 
 
どうも!かつてこの手のセリフを何度吐かれたか分からないAtusiです!
 

ちなみに私はこのセリフを言われたら速攻帰ります
 
そりゃあ帰れと命令されてるんだから帰るのは当然ですよね
 
 
もちろんコレについて帰らずに食い下がるという文化があるのは知っていますが、私はあえて分かってて帰ります
 
今の若い世代なんかは帰る人が多いみたいですが、やっと時代が正常化してきたかなと思ってみています
 
 
最近は「やる気ないなら帰れ!」という単語でウチのブログに来てくれる人が居るみたいで需要がありそうなので、今回はこのことについて記事にしようかと
 
 

「やる気がないなら帰れ」は仕掛ける側が有利なの心理戦なので降りるべき

「このやる気が無いなら帰れ」という言葉は、食い下がって来るのであれば100%セリフを放った側が有利
 
帰らない暗黙の了解を利用して退路を塞げば、一方的に仕掛ける側が有利な心理戦に持ち込めるんです
 
 
よって、この言葉を吐かれた時点で心理戦を制するには勝負そのものを降りるというのが一番いい方法
 

  

脅しになってない脅しは得がない

この言葉は脅しと同じようなモノだと思うんですが、冷静に考えてみると
 

何一つ脅せてないんです
 
 
脅しというのは、要求を聞かなかった場合に不利益があるからこそ効果があるもの
 
しかし、コレ言われた時点で帰ったとしても別にダメージ無いんですよ
 
一応「この言葉を吐いた人間に嫌われる」という事はありそうですが、別にこういうことを言う人間になら嫌われてもさほど問題はありませんしね 

 
 
もし本当に残ってほしいのならこんなこと言わずに
 
「やる気なくてもやらないのならお前の家族を殺す」
 
とか犯罪だけどこっちのほうが絶対に効果ある気がします
 
 
  

というかコレ言う奴が馬鹿

やる気を出して欲しいから言うというのであれば、こんな言葉でストレスを与えるよりは、さっさと金品なり給料なりそういうもので釣ったほうが早いし効果的

 少なくとも私は職場でストレスの貯まるような事を言われるよりは、お金貰ったほうが遥かにやる気出ます
 
 
この言葉を吐く時点で、そういう簡単な事もわからない奴なんです
 
そういう馬鹿についても未来は一切ないので、早々に見切りを付ける
 
 
私の居た会社で大体コレ言われましたが、コレを言われた経験のある会社は全部傾いてます
 
 
それに頭が悪いから他にいい方法を思いつかないんでしょうね 
 
 
それにやる気を引き出すのは本人では無く、この言葉を放つ側の立場の人間
 
自分は能力がないです。と公言しているようなモノ 
 
 

従わなければ命令違反なので

純粋な意見として「従わなければ命令違反なんで」でOK
 
「やる気がないなら帰れ」という言葉には「やる気がない」という条件と「帰れ」という命令がありますね
 
 
「やる気がない」と言うのは状況で、やる気が無いことが問題とか言う奴が居るけど、上にも書いてあるようにやる気を引き出すのは上の責任であって自分の責任じゃないんです
 
だから無いなら無いで全然構わないと思っていますし、その条件に当てはまったから「帰った」という命令をこなしただけ
 
 
プログラミングと一緒で条件分岐から結果を出しただけで、むしろ条件分岐で勝手に違う方向に進んだほうがバグ扱いされます
  
命令に従順に従っただけなので、コレで怒ってくるほうがお門違いなんです
 

終わりに・こういう細かいところから脱社畜の精神は始まります

私も一応はこういう事を言われた時は、空気を読んで帰らない文化があるということは知っています
 
しかし、この文化というのは明らかに間違ったクソ文化の一つだと私は思っていますし、間違った事があったら大衆が従っていたとしても、大衆に流されること無く間違ったことは間違ってると言える勇気のほうが素晴らしいんじゃないでしょうか?
 
 
社畜なんかも、一部では批判してる人間が居ますし、やってる本人も薄々はおかしいことだと気がついているのに、空気を読むという同調圧力のせいで抜け出せないで居る
 
それだったら間違っていると気がついているのであれば、周りがなんと言おうが声を大にするべきだと断言するし、そういう部分から脱社畜の精神というのは始まるんじゃないかな?
 
 
学生時代から今の今まで、この言葉を言われて帰らなかった人間は、おかしい状況でも抜け出すこと無く消耗しているのを見ると、やっぱり空気を読むというクソ文化というのは破壊すべきじゃないかなと実感しました

ツイートツイート

-社畜批判