雑記

何故「結婚」や「社畜」をしない人に対し世間は厳しいのか?両者の共通点とは?

2017/11/05

コレをしない人間に対し風当たりが強いのかについて考えてみました

 
 
 
どうも!結婚も社畜もクソ食らえなAtusiです!
 
 
 
徐々に結婚や社畜といった一般人としての生き方以外への風当たりは弱まっていますが、未だに強い面はまだまだ残っているんじゃないでしょうか?
 
この両者を行わない人間に対し、風当たりが強い理由を考えてみると、両者には共通点が幾つかあることを発見しました
 
 
そして今回はその共通点について幾つか話してみようかと
 
 

 

結婚も社畜も辛いもの。皆で不幸になる事が大好きな日本人の陰湿さ

社畜は間の経験があるとは言え10年ほどやってみて辛いものだと断言出来ます
 
結婚に関しては、私はしたことはありませんが、結婚した人間で幸せそうな人間を全然見ないので辛いものだと認識しています
 
私の場合だと世間で楽しいと言われている異性と関わる初期の段階でも苦痛だったので、楽しい状態でこれならその先は確実にもっと苦痛でしょう
 
 
 
両者に共通することは、どっちも苦痛であるということ
 
そして日本では労働環境を見て分かる通り「皆で楽をしよう」とする方向ではなく「皆で不幸になろう」とする空気があり、足の引っ張り合いが得意な民族です
 
 
結婚も社畜もなってない人間に対しての感情はどんなに綺麗事を並べても根本にあるのは
 
「苦痛を受け入れていない!抜け駆けしやがって!あいつ許さん!」
 
という独特の妬み感情から来るもの
 
 
 
現に結婚や社畜に対してなることのメリットを聞いて明確に回答できる人間は少なくとも私の周りにはいません
 
家事がどうこうとか、お金がどうこう、とかそういう回答がだいたい返ってきますが、それらが出来るならわざわざデメリットを受ける必要ないし、デメリットを受けるほどの利益があるとは思えない 

 

両者に共通して言えるのは自分にはさほど得がないが、周囲には恩恵がある

両者に共通していることに

 「当の本人には利益が薄いけど、周囲へは恩恵がある」
 
という事実
 
 
社畜であれば、経営者が利益を吸うことが出来ますし、更に国から見れば税金を色々と徴収することになります
 
税金を取られるということは、他の人間に対し、何かしらの形で恩恵があるということ
 
年金なんかがとてもわかり易い例で、取られている本人は恩恵があると言えないのに、現在支払われている世代には得がある
 
 
 
結婚なんかも本人らのためというよりも周囲の人間への利益が大きい
 
世帯を作ることでしなくていい出費や、何千万単位の高い金をかけて子育てを親になった人らに丸投げ
 
そうして育てた子供が労働をすれば税金をむしり取られるという構図を考えれば得が本当に無い
 
 
そんな事を受けてまで得られるメリットが
 
「世間から一人前として認められる」
 
という、ハッキリいってどうでも良い事
 
認められてそれで終わりなんですよ
 

 
それによって生活が劇的に優雅になるとかそういうことは絶対に無いし、それどころか逆に苦しくなる可能性のほうが非常に高い
 
そうして苦行を受けても、苦労した分の利益は他人が持っていくだけ 
 
 
うーん・・・そう考えると馬鹿馬鹿しい
 
 

同調圧力による村八分と一緒

上にも書いたけど、周囲が受けている苦行をやってないという点で、同調圧力という習慣から、はみ出したものに対しての村八分が行われます
 
親世代なんかがとやかくいうのは、自分の子供が苦行を受け入れてないことに関して、周囲から除け者にされることを恐れているという事
 
 
戦争中で、兵士に行くことを拒否したら「非国民」とレッテルを張り、同調を求めるクソな習慣から日本は対して変わっていません
 
誰だって好き好んで苦行なんてしたくないのに、それを皆で拒否する方向じゃなくて、しない人間を叩くという事で強要する
 
 
 
実に日本は陰湿ですね・・・・

  

終わりに・よって結婚も社畜もしたくなければする必要なし

結婚も社畜も自分からしたいというのであれば、することに関して否定はしません
 
ただ、当の本人にはメリットがさほど無いのに、それを強要するのは本気で頭おかしい
 
所詮、そういうことでレッテルを張る奴らは
 

「皆が受けている不幸を受けていない」
 
「お前が苦行を受け入れないから私たちに利益がない」 
 

といったロクでもない理由です
 

 
 
世間の人間はきっと私が悩んでも手を差し伸べたりする事はまず無いでしょうし、助けてくれる友人なんかはこっちも全力で答えて助けようと思っていますが、そんな奴らの為の利益になるなんて真っ平ごめんです
 
それにどうでもいい奴らから認められて私の持ち株が数百倍に膨れ上がるとかはまず無いでしょう
 
これらの苦行を受け入れたとしても、どうでもいい奴らから認められるだけという利点の為に、わざわざ自分から苦行を背負って不幸になりに行く必要なんて何処にも無いですし、嫌になったらさっさと逃げたら良いのです
 
 

会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメの転職エージェント集めてみた  
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!

 
今は転職先を探すのにサイトやエージェントが使えて逃げやすい時代ですし、嫌だと感じた瞬間から逃げるべきだと確信してますので、ここにいると不幸になると感じたら他の制止なんて全て振り切って逃げるのが最善です
 

合わせて、ブラック企業を避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ!

 
 

ツイートツイート

-雑記