過労自殺を防ぐためには「職場以外の収入を作り逃げ道を確保すること」

 

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!
 
脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

 

 

どんなに綺麗事を並べてもコレしかないと私は思ってます
 
 
 
どうも!社畜生活から抜け出して別の収入でなんとかしているAtusiです!
 
 
 
最近は電通のことから過労自殺についてよく話題が上がります
 
亡くなった高橋まつり氏は本当に気の毒だと思ったし、同時にそんな労働を強いてくるブラック企業共には怒りの念しか湧いてきません
 
 
 
そしてそんな過労自殺を防ぐ方法というのはもう自分で別の収入源を確保するしか無いと思っています
 
 
政府による正社員の副業後押しの真の意味は産業革命の奴隷量産!?
 

こんな記事をこの前書いていますが、本業をやっていて収入が足りないから副業をやるという考えは過労を招いて危険だと思っていますが、社畜脱出や命綱を握られないためのセーフティゾーン構築のためなら大いにあり
 
政府が副業を後押しするのが反対なだけで、副業そのものには大賛成です
 
 
やはりこれからの時代は企業というのは労働者から見れば敵と見ておいたほうが良いんです
 
サービスや商品を受ける側として見れば重要かも知れませんが、労働者として見るなら企業は自分を殺すかも知れない敵
 

そしてRPGのボスと違って別に無理して戦う必要も無いと同時に、逃げるための成功率アップの為に収入を得ておく必要があります
 
 
今回はそんな過労自殺を防ぐのにどうして副収入が有効なのかというお話をしようかと
 
 

職場に給料という生命線を握られてるから選択肢がない

まず過労自殺しちゃうくらい追い詰められるのは逃げ道が無いため
 
ここで会社を辞める選択肢があれば過労から逃げることも出来るんでしょうけど、会社を辞めると生活できないという時点で詰んじゃいますね
 
 
一番大事な弱みを職場に握られてるからこそ動けなくなる
  

最低限、生存が保証される収入があれば首根っこを握られない

これがもし数万でも入る状況であれば、会社をやめたとしても死ぬことは無いので、最悪の場面だけは回避可能です
 
私も過去のブラックな職場に居た時は本当に酷い有様だったけど、一応昔から株をやっていたので月によっては社畜の本業を上回ることが多々ありました
 
・・というよりも本業の給料が少なすぎたというべきなんですけどね
 
 
これがあったから別に会社をクビになっても怖いとは一度も思った事が無いし、いざとなればすぱっと辞めれると思って居ましたし、現に今はそのお陰で脱社畜をしていますからね
 
 
ただ、逆を言えば本業に対して必死さは本当になくなりますので、頑張っても頑張らなくても同じ額しか貰えない仕事にはバカバカしくなってクビになるレベルまで力が入らなくなるのは欠点かも知れませんねw
 

 

安い給料で逃げ道を潰し、使い潰すのが奴らの常套手段

本来であればそんな異常な労働を強いているのであれば「やめればいいじゃん?」で済みそうなものですが、辞めさせないために安い給料を使ったり、逃げ道を作るための時間を奪い、職場からの脱出の暇と力を与えないのがブラック企業のやり方です
 
私も株はともかく、一日12時間を超える労働を行っていた社畜時代にブログを書くような気力は起こりませんでしたし・・・
 
 
奴らの策略に対抗するには
 
・少ない労力
 
・それなりに目に見える収益
 
の2つを満たす収入を得る方法が無いと対抗しづらい
 
 
そんな都合の良い物・・・と思いますが、それが株式取引です
 

 

終わりに・誰でも出来る収入を得る方法は株

本業をやっていてそこから副業のための作業をするとなると非常にキツイ
 
副業は軌道に乗るまで大変な作業量を必要としますし、そんな過労自殺するかどうかって所に労働力を使って更に自分を酷使するのもどうかな・・・と
 
それにそんな状態であれば、今すぐにでも目に見える成果が欲しくなると思いますし、ブログみたいなのは相当のセンスや作業量に加え、並の人間は年月もかかりますからね・・・
 
 
私が思うに一番手っ取り早く副収入を得られる方法というのは株の取引が一番手っ取り早い
 

私が「株や投資を始めて良かった事」を書いてみる! 
 
 
私自身が小学5年から株やっていて、そのおかげで社畜を辞めた現在でもなんとか収入を得ています
 
脱社畜を決意した時にもブログで儲けるつもりで株をサブ収益化しようと思ってたのに段々と立場逆転しちゃってますからね・・・w
 
 
お金にお金を稼いでもらっているんで、基本的に私が作業としてすることと言えば経済ニュース見て、売り買い注文するだけと副収入の中ではトップクラスにかける労力は低いんじゃないでしょうか?
 
値動きを捉えてすぐに成果を出すもよし、配当金目的で株を所持するだけでもよし、という感じで儲け方は沢山あるので自分にあった投資スタイルを行えば無理せず稼ぐことも可能かと
 
 
 
社畜で過労をさせられていた時は、貰う給料が僅かでも使うことが出来ないので結構溜まります
 
「少ない給料でも使う暇無いから貯まるからええやろ?」なんて言うやつも居ましたが、そんな状況が良い訳ありません
 
けれども状況を十分利用することは可能ですし、株の入力も現代は値段と買う数だけ入力しておけば後は勝手にお昼の間に機械が勝手にやってくれますのでブログみたいに1記事1時間を何百個も作ったりする労力や時間が必要ない
 

 
もしブラック企業でお金を使う暇が無いくらい忙しくて金が余っているのであれば、是非とも株式取引をはじめて貰いたいですね
  
 



ブラック企業から今すぐ逃げたいあなたにオススメ!
 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!


・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除したことを明言するエージェントの中では最大手!
1万近くの求人があり、全国規模で求人を掲載されています!
面談場所のアクセスも主要都市の駅から近いので利用のためのアクセスも便利です!
就職のための面接練習などの選考対策のサポートもあり!


・JAIC(ジェイック)説明会申込

100%すべて取材をした求人を取り扱い全国各地で説明会を開催!
契約企業は5万社を超え就職の幅も広いですが離職率の高いブラック業界は除外!
すべて正社員の求人で就職成功率が80.3%に就職後の定着率は94.3%とかなり高く労働者にとって優良企業ばかり!
書類選考もなく入社後の教育する優良企業ばかりなので既卒、第二新卒、大学中退、フリーターかかわらず20代なら就職支援も無償で行ってます!

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

交通事故の加害者の保険が最悪の東京海上日動だった時の対策を書く!

 

 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!

内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
 
詳細はコチラにて!取材してきました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事