政府による正社員の副業後押しの真の意味は産業革命の奴隷量産!?

これ考え方によってはかなり酷いよなぁ・・・
どうも!社畜として生きることを捨てているAtusiです!
 

正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換
 

 政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。
 
企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。
 
複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくる。働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。
 
 
 
政府は正社員の副業を認める方向で進んでいるみたいですが、これはよく考えてみると喜べないことじゃないかな?と私は勘ぐっています
 
もちろん副業が出来るそのものには喜ぶべきことでしょうけど、深読みすると社畜はもうオワコンと言ってることと同様にしか見えません
 
 
この副業解禁で見えてくる政府の意図を考えてみようかと
 
 

本業だけでは暮らせないと言ってるのと同様

本来であれば、本業の労働だけこなして十分な暮らしが出来るくらいが健全な形だと私は思ってます
 
しかし今の給料は本当に低く、手取りで15万超える仕事となると人間としての働き方として見てどうなのかな?と思う所ばかり
 
 
どこかで成人一人が人間らしい生活を行うためには月に21万必要という計算がありましたが、確かにそれだけあれば日々の生活にも余裕がかなり出来るはず
 
ところがそんな待遇の仕事なんて見たことがないし、私が社畜やってた時は残業込みで手取り15万なんてまず超えたことがないし、こんな仕事が大半でした
 
 
ちょっと前までは交代勤務やれば20万ほどはあったし、それでも人間の働き方としてどうかな?とは思っていましたが、今は交代勤務やって15万程度とかどう考えても狂ってる

 

 

 
 

賃金はやらないけど時間と労働力を限界まで売れとしか聞こえない

自力で稼ぐというというけど、正直私は本業を行いながら今やっていることをやれと言われたらたぶん無理

社畜として生きていないからこそ、その体力と時間を収入を得る行為に使っているからこそなんとかしてるという感じです
 
 
本来であれば待遇を上げれば時間外に収入を得る為の行動なんてしなくても良いはず
 
企業の内部留保をどうにかして労働者へ還元させるよりも、先に副業を推奨する時点で賃金に対しての改善を行う気が無いと言ってるようなもんですね 

 
長時間労働を撲滅を政府は言っているけど、本業以外の時間に副業を行うということはそれだけ労働時間が上乗せされるということ
 
更に恐れている状況として「低賃金でも副業あるから大丈夫よね?」なんてなって副業でも稼げず起きてる限り働き続けないと生活が成り立たなくなるようになってくる状況がありそう
 
 
 
 
 
これじゃあイギリスの産業革命時の労働条件が悪化し、低賃金や長時間労働化、待遇の悪化していってる状態とさほど変わらない 
 
 
 

副業解禁そのものは喜ぶべきことだけど、政府が言うべきことじゃない

私は副業解禁そのものについては良いことだと思っています
 
というか定時時間外の時間も拘束してくる時点で職場側のほうがおかしいと思ってたので、それがただ当たり前になっただけといった感想ですが
 
 

ただ、この副業解禁について政府が言うべきことじゃ無く、もっと先にするべき点があるはず
 
これを掲げたということは「本業を法律厳守レベルで行えば並の生活が手に入る」という本来なら当たり前を実現させる気がないという放棄に等しい件

  
 

終わりに・労働者が一番望んでいるのは労働基準法厳守と違反した企業への厳罰をやる気がない

私だけじゃなく、おそらく大半の人間が働き方改革に求めていることはこんな小手先のことでは無く、労働基準法の厳守と違反した企業への厳罰化
 
法を破ったもん勝ちになっていて、更に違反したからといって罰則がないんだから好き勝手やるに決まっています
 
 
仮に殺人や強盗といった事を行っても罰則が無いとなれば、一気に世紀末になる
 
そんな世界になれば私も気に入らない人間は片っ端から問答無用で消していくでしょうしね
 
 
まさにそれが雇用の場で無法地帯になっているので、法律を違反していないブラック企業じゃないほうが珍しいというトンデモ事態になっている
 

はっきりいって働き方の90%は法律厳守させれば回り回って大半改善されるような事ばかり
 
法律違反を取り締まらないことによる過剰な競争が産んでいる害が労働者にしわ寄せが行ってるだけ
 

 
こんな私でも分かるような事を実行しようとしない時点で、働き方改革というのには一切期待できないし、そんな改革を待つくらいなら自らブラックを避けて転職活動を行うべきなんですよね
 
ブラック企業から脱出してまともな待遇で働き、ブラックの利益に加担しないことが何よりも対策です
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
今は転職先を探すのにサイトやエージェントが使えて逃げやすい時代ですし、わざわざブラックの利益になる必要も全くありません
 
そういう一人ひとりがまともな企業で働くという行動がブラック企業を撲滅するための一番の対策だと断言しますよ
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事