社畜批判

「大きな仕事」や「責任感ある仕事」を任されたい神経が理解できない

見返りもないのに苦労を増やすやつは馬鹿なんじゃないかと思う

 
 
 

どうも!社畜をやっていた時は仕事に関して責任感があまりないAtusiです!
 
 
社畜をやっていた時に思うんですが、周囲の人間を見ていると「大きな仕事がしたい」とか「責任感のある仕事をしたい」という人間しか居なかったように振り返ると思います
 
私は本当に逆で、仕事に関して一切のプライドが無いので、最小労力で生活に困らない程度に稼げればそれで良いと当時から思っていましたし、現在もその思いは変わっていません
 
 
私のように楽して稼ぎたいと堂々と発言する人を現実世界で見たことが無いですし、みんなどうして自分から縛りプレイをしたくなるのか不思議でたまりません
 
きっと無駄に苦労することが美徳だと思っている人間が世の中には多いんでしょうけど、私から言わせれば
 
 
「そんな苦労を背負い込んで何がしたいの?」
 
 
と本気で思えてしまいます
 
 
こういう風に自ら苦労をしたがる人間は、正直言うと頭が悪いんじゃないかな?と私は思うので、今回はそれに関して記事を書いてみようかと
 
 
 
 

苦労を背負い込んでも見返りって何にもないよ?

私はやる気が社畜をやっていた時は人一倍無かったので、上の人間にも多分察されてたので、大きかったり重要な仕事は同期に比べて任されることは無かったです
 
同期の連中はやる気に満ち溢れ、自分から積極的に色々とこなしていましたが、あまり動かなかった私と積極的に動いていた同期は貰える給料ってさほど変わらなかった
 
ボーナスも月給の○ヶ月分という感じでしたので、そういう所でも差が付くことが無かったです
 
 
私は20歳になるまでにこのことに気がついて居たので、貰えるものが同じであれば苦労はしない方が得と思ってあまり目立たず動かないようにしていましたね 
 
 
収入の方も小学五年から株をやっていたので、本業の収入が新入社員と変わらなくても別に不自由はしなかったし、仕事を倍こなして年の昇給が1000円前後変わるとしても、時間軸を計算に入れて、労力に見合わないと判断して頑張れることがなかった
 
 
 
むしろそういう苦労を自分から背負いにいって、体や精神に無理な負担をかけて、転職を沢山繰り返している私より先に潰れる人間を何人も見てきました
 
 

労力に見合うものが無いのに、自分から積極的に仕事を取りに行く姿勢というのが今も理解できません
 
今でも、やったらやっただけお金が入る環境になったとしても、必要分だけ稼いだらどうしてもやる気が無くなって他にしたいことが沢山あるのでそっちを優先してしまいます 

 
 

大きかったり責任感ある仕事は失敗したら責められるだけ

それに私が見てて思うのは、自ら仕事を積極的に行ったとしても、成功したら報酬としての見返りは無く、ただ上司に気に入られるだけ
 
下手すれば仕事が出来るやつだということで「仕事の報酬は仕事」と言わんばかりに押し付けられるだけ 
 
失敗すれば、罵倒やレッテル貼りという「ハイリスク・ノーリターン」という事に20台前半くらいに気が付きました
 
 
まだハイリスク・ハイリターンなら動く理由も分からなくも無いけど、失敗した時のリスクがあるだけで見返りが無いのならば動くだけ損です
 
 
上にも書いていますが、どんなに仕事をこなしたとしても、一年の昇給で1000円くらい差が付くかな?というモノ
 
倍の仕事をこなして年3万しか増えないというのはおかしい・・・

 
 

 
 

こういう人間は「なんの為に働いているか」という目的を見失っている

仕事で蔑ろにされるよりは、認められたほうが嬉しいという気持ちは分からない話でも無い
 
しかし、こういう人間は承認される欲求を満たすことを第一になってしまっているので
 
 
「何のために労働を行っているか」
 
 
という目的を見失っている 
 
 
流石にタダでは労働をしないでしょうけど、給料を半分に減らされても全力で承認すれば、こういうのは勝手にボランティアしてくれます 
 
 

私が労働をしていたのは生活資金と世間からニートではないと思われたいという今から思うとどうでもいいプライドの為に社畜をしていました
 
前者はともかく、後者は本当にどうでもいいモノと分かってからは世間にどう思われても「株ニートでーすwwww」と開き直って気にすらしなくなりましたけどねw
 
こうなってくるとブラック企業で割に合わないような所で神経をすり減らして社畜なんてやる必要なんてまったくなくなるんですよ 
 
 

本当に何の価値も生み出さない邪魔なプライドは犬にでも食わせておいたほうが良いんじゃないかな?
 
 
 

終わりに・「楽して稼ぎたい」と堂々と宣言して、楽するために頑張りたい

私は誰がなんと言おうが
 
「誰よりも楽して必要最低限だけ稼ぎたい!」
 
と堂々と宣言します
  
 
その為に選んだのが株とブログですが、両方共頭を使います
 
 
株は社畜よりも遥かに低い労働力で稼げる額は上
 
ブログは収益が発生するまでが苦労をするけど一度収益が発生すれば後はほったらかしに出来るという後の楽のため
 
 
どっちも社畜で稼ぐよりも私から見れば種類は違うけど「楽」なんです
 
苦労を継続して、継続が止まってしまえば割に合わないような収入でも止まる社畜のほうが私は辛い
 

 
だから労力に見合わない苦労を自分から背負い込むのって本当に馬鹿馬鹿しいと思うし、私は必要以上の苦労はしたくない
 
みんな内心はこういう風に思っているはずなのに、周囲の意見なんかに流され洗脳されるからおかしいことになる
 
 

「楽して稼ぐのはけしからん」
 
とか
 
「楽に金が稼げるはずはない」
 
なんて思って、実際はそういう世界があるのに、今まで信じてたものが壊れるのが怖いから見ようとしない
 
だから苦労することが美徳なんていう精神的に居心地のいい嘘で満足して抜け出そうとしないんでしょうね
 
 

これだけ言ってまだ私の言っていることが理解できないと言うのであれば、確実に社畜として洗脳が出来上がっているので、そのままやりがい搾取を永遠にされててください 
 
私は楽するために頭をフル回転させて、楽をして生きていこうと思います

ツイートツイート

-社畜批判