プレミアムフライデーという制度が馬鹿げているとしか思えない件

これ考えた奴は一体何を思ったのか・・・
 
 

どうも!自室から今日もキーボードを叩くAtusiです!
 

 前から経済ニュースで名前が出てたんですが、とうとう実施するみたいですね
 
 
月末金曜日を15時で仕事を終わるようにしtれ、浮いた時間を消費活動に充てるのが目的らしい
 
経済効果を狙ったみたいだけど、これを考えた人間は確実に現在の不景気の原因が分かってないなと実感
 
 
所詮、机の上で考える人間には、下々の人間には実際に何が問題かと言うことが分かってない様子
 
 
今回はこのプレミアムフライデーという馬鹿げた制度について色々と考えてみようかと
 
 
 

消費活動が出来ないのは時間よりも「金が無い」

今の現代人は8時間労働をこなしてもまともに生存が出来るかどうか怪しいお金しか貰ってません
 
一人暮らしの20代が現代人としてまともな生活をするためには月に手取りで21万必要という計算がありますが、まずそんなに貰う求人を見たことが無い
 
あったとしても三交代といった人間の働き方とは程遠いモノで、確実に体に支障が出るような事をしないと稼げない額
 
 
社畜をやっていた時に、時間も確かに少ないとは思ったけど、確実に足りないのはお金
 
生存できるか怪しい状態で、そこから娯楽に回すなんて普通の神経をしていれば確実に無理
 
 
仮に15万で生活している人間に50万くらいポンと渡せば10人に8人位は消費活動に回すはず
 

 

消費活動を促すための飲食や小売なんかはまず休めないし負担が増えるだけ

消費活動をするということは、消費を受け入れるために労働をする人が居るということ
 
大体、消費活動の先というのは飲食業界や小売、後は流通とかそのあたり
 
 
 
確実にそういう人らは休むことは許されない業界でしょうし、抜け駆けするためなら労働基準法も無視するのも当たり前な日本じゃ、プレミアムだからと言って休むことはまず無いでしょう
 
むしろ儲け時とかいって負担だけ増大するのは確実
 
 
しかも飲食、小売、流通と言った業界は、ブラック企業が多いと言われている日本でも特にブラックな業界なので、これ以上負担を増やしてどうすんの?
 

 

上流階級と確実に格差が広がる

このプレミアムフライデーとかふざけた制度が実行できるのはごくごく一部の上流階級に属してる人のみでしょう
 
間違いなく下流で奴隷として生きている人間は恩恵に預かるどころか、給料が一切増えないのに負担だけ増大する
 
 
現代はただでさえ費用をケチって運営しないとやっていけない企業が多く、必要な人員配置もしないから過労状態になっているのに、ますます下の人間を追い込むだけ
 
 
特に飲食とかは過労寸前で働いてる人をよく見かけるので、そういう人らは限界越えて潰れるなんて事が有り得そう

  

月末は忙しい傾向にある会社が多い

労働時間を短縮したのをなぜ月末にしたのかさっぱり理解が出来ない
  
私も社畜をしていると大体何処の企業も月末が忙しい傾向にあり、むしろ残業当たり前な程辛い状態になって切羽づまって居ることが多かった
 
そんな状態で「休みましょう」なんて言っても
 
 
「休めるかボケェ!!!!」
 
 
となるのがオチでしょう 
 
 
月末が忙しい分は、月の頭というのは比較的暇なことが多く、やることを探して見つけられずに、見つけられないことで罵声が飛ぶくらいなんで、仮にやるならそれくらい暇な時に休ませるべき

 

そもそもこんなのがなくても定時で帰れることが本来は当たり前

このプレミアムフライデーがばかげているなって思うのが、裏を返せばこんなことをしない限りは常に残業があるということです
 
ある意味では完全に「ノー残業デー」が存在しているからこそ、逆にいつも残業しているということなんですよね
 
 
これって普段から悪いことやってるやつがたまにいいことをするとめちゃくちゃいいやつに見えるというジャイアン現象って言葉がありますが、あれと同じことで、プレミアムフライデーでたまに早く帰れるとか喜んでいる場合ではないのです
 
常に残業がなく定時に帰れることが当たり前であり、そうしない会社というのは常に人材不足で人を集めるために人件費を削っていたり、過剰に仕事を押し付けてくるぶれあっく企業であるということが断言できるのです

 

終わりに・そんなもんより労基法に触れたら厳罰を与えるほうがよっぽど効果ある

こんなふざけた制度を実施するよりは、労働基準法違反している感謝に対し厳罰を行なって、現代の過剰な必要経費まで削った労働環境を駆逐するほうが確実に景気にいい影響があるはず
 
労働基準法違反を取り締まることで、現在の過度な労働も取り締まれるし、人員配置も適正に行わないと企業が回らなくなったりするので雇用に繋がったり、増加したコストは現在の異常な値下げ状態に歯止めをかけて給料適正化に繋がったりと、そっちをまずどうにかするべき
 
 
確実にこのプレミアムフライデーとか考えた人間は、一般社会を見たことがないか、どこかから裏金積まれてるかのどっちかでしょう
 

 
使う暇が無くて消化活動に回せないと思うのであれば、現在の過剰に労働を行っている環境を正す方が先じゃないでしょうか?
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
今は転職先を探すのにサイトやエージェントが使えて逃げやすい時代ですし、普通に休めるような会社を探すのが先だと言えますね
 
というか普段から残業前提で仕事を回している会社がはっきり言っておかしいので、さっさと転職すべきだと言えます
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事