雑記

子供には学校の勉強よりお金の教育に力を入れるべき理由を語る

大真面目に私は学校の勉強よりも金の勉強のほうが役に立ってます

 
J 
 
どうも!お金大好き守銭奴のAtusiです!

 
現在私は株を収入の主軸にして稼いで居ますが、私が株をやっていたのは小学校5年生からやっていました
 
その時から父親の株に関して色々教えて貰っていたので、そんな過去から現在の私があります
 
現在の人生はあの時からやっていた経験によって救われていると言っても過言ではありません
 
 
同様に同時期に受けていた小学校の義務教育なんですが、読み書きと四則演算等、日常で使うものも確かにあるっちゃあるんですが、正直に言えば株の勉強をしていたことのほうが確実に力になっています
 
株の事もそうですが、お金に関して昔は父親がとても困っていた事があり、お金に関する教育は多分同年代ではトップクラスに受けていたんじゃ無いかと思っています
 
私がこの人の子供で良かったと思うことを挙げるとすれば、間違いなくお金に関しての教育の事が上位5位には入るので、これは是非広めて行きたい考えだと思ったので今回執筆することにしました
  

 

お金の怖さが分かれば無駄遣いはしなくなる

まず私がお金に関して教わった事は、お金に関しての怖さ
 
特に借金周りは徹底的に教育をされ、借金をすることによって下手をすれば殺人事件まで発展するということの話は今でもよく覚えています
 
それにウチの爺さんにあたる人が各地から借金をして周り、サラ金から総額で7桁のお金を借りたことで、家に借金取りが来た時の話なんかも印象的でした
 
 
私はお金で困ったナマの体験の話を滅茶苦茶聞かされていたので、今でも借金をすることは恐怖の対象以外何者でも無いので、高額な取引は車とかであっても基本的に現金一括
 
一括払いが出来ないようなモノは、維持するのも困難でしょうし、身分不相応のモノと認識をするようになりました
 
 

お陰で私は借金を生まれて一度もしたことがないので、そういったトラブルに巻き込まれたことはありません 
 
 
 

 

お金を増やす知識があれば飢えることはそうそうない

これは現在の私の生活の根幹に関わる部分として形成をされています
 
ウチの親は、おじいさんの借金を返すために、本業以外でも副業を沢山行い、ついに全て完済をしております
 

そのお金を増やすために株もやって居たので、会社以外でもお金を稼ぐ方法はいくらでもあるということを目の前で知りましたね
 
 
借金返済が終わっても副業はまだ続けていたので、その時に作物を作ってて、その副産物で腐葉土が溜まり、そこにカブトムシが卵を産みに来るので、それらを捕獲して販売を行ってた時とかも結構お金になりました
 
本人は100万程儲かってたと言っているし、手伝いをしただけで小学生に万札をくれたくらいでしょうし、嘘でもなさそう
 
 

こういった経験を間近で見てたからこそ、会社を辞めてもさほど怖くないってのを知っていました
 
もしこういった経験が無かったら、ブラック企業に殺される寸前まで働かされて、過労自殺を行ってたかも知れませんね 
 
 
 
 

正しくお金がどういうものかを理解すれば、不当な事をされてもすぐ気がつく

お金を稼ぐことを知っているということは、お金の価値も理解するということ
 
だからこそ、社会に出たとして労働力と明らかに見合わないことがあれば、疑問を持つことが出来て、その疑問を軸に色々調べて対抗することが出来るようになりました
 
その結果が、様々な企業で揉めて正当な権利を得て辞めたのがその証拠
 
 
労働基準法を勉強することも大事だけど、それと同じくらいに早い段階で自分で稼ぐという事に関わらせることは大事
 
今から思うと、親の手伝いとは言え、ノルマをこなせば金になるという教育は受けていましたし、市場なんかにもついていって知らず知らずの内に金銭感覚が見について居たので、お金というものに関しては頭が回るようになっていたのかも知れません
 
 
この時に労働に対して金銭感覚を身につけておくと、労働を行っているのに給料をもらえないと言った状況に対し、すぐにおかしいことに疑問を持つことが出来るので、疑問を待たずにそのまま搾取されるのとは大違い
 
 

 

終わりに・お金は決して汚いものではない

お金って別に汚いもんじゃないし、勉強をすればするほど自分の利益に直結する結果が出やすい勉強だと私は実感
 
それに仮に汚いものだとして、それを使って生きている君らはなんなの?って思いますからね
 
 
 
お金が汚いって情報を植え付けているのは、確実に搾取を行う側で、汚いと認識をさせておいてお金の知識を遠ざけることで搾取をし易い環境を構築していると断言していい
 
法律とか知ってるやつよりは、知らないやつからのほうがぶんどりやすいのと一緒
 
 
だからこそ出来るだけ早い段階でお金と向かい合う必要はあるし、私自身 滅茶苦茶早い段階でお金に関わることが出来ていたので、少なくともお金で困ったことは殆ど無い
 
 
お金の勉強をすることは、不当な搾取に対抗したり、必要以上の努力をしなくて済むための、社会に出てから絶大な武器になります
 
よって子供には社畜養成施設の学校の勉強なんかよりも、お金に関することを徹底的に仕込んであげたほうが、子供は将来路頭に迷う可能性が低くなるでしょうね

ツイートツイート

-雑記