雑記

社畜からネオニートへ!実際に変化してみて分かった5つの事!

2016/12/27

株で月10万稼げてるからネオニート名乗ってもいいかも?

 
099 
 
どうも!株が収入の生命線のAtusiです!
 
7ヶ月前に社畜の生き方を辞め、株を重点的にこなし、月平均10万円の利益を上げてるんである意味ではぼちぼちネオニート名乗っても良いかな?と思ってます
 
ネオニートとしては戦闘力低めかも知れませんが、収入があるという時点でやましいことは何も無いので堂々と胸を張って平日に近所の散歩も出来ますしね
 
それに一部ブラック企業に居たときよりも収入があるんで「同年代よりも収入を得ている」という定義にもカスッてるんで、ネオニートで問題は無いかなとw 
 
 
就職した当時からネオニートに密かに憧れていましたが、いつの間にかなっていたという状態です
 
しかし想像してたよりも違う点がそこそこあるので、ネオニートに憧れる人に「現実はこんなのだよ?」という事を記事にしようかと

 

思ってたよりも収入の自由は無い

多分、世間で想像されているネオニートって人種はお金が滅茶苦茶入ってきて豪遊できる!みたいなイメージがあると思いますが実際はそうでもない
 
もしかしたら私がまだ稼げてる額が月平均10万ぽっちだからかも知れませんが、沢山稼げたとしても使うことは今までの性格上ないかな?
 

私の場合、儲ける手段が株価収益なんで、お金ってあればあるほどリスク回避や儲けの幅が広がったりするんで、普段使うモノと同時に、主要兵装の一つなんですよね
 
 
株が生活の為の収入の軸になると無駄遣いが減るという話をする  
 

ここにも書いてますが、少しでもお金があったら収入を得るためにお金を回したくなります
 
 収入を得るのと同様に、普段から質素にケチくさい生活をすることで、大損した時のリスクを減らすことが出来ますから
 
 
私自身稼げている額が10万と世間の収入から見れば低い方ですが「このままだと金がやべぇ・・・」といった無理でお金を使わないんじゃないです
 
増えた数字を見て笑顔になりつつ、その数字が減ると凄く気分が悪くなるので、その気持ち悪さを回避するために出費を抑えている感じ
 

多分お金を月に10万稼ごうが100万稼ごうが、この感情は変わらないので、金をばんばん使うような事はしませんね

 

 

思ってたよりも手を動かしてる

ネオニートのイメージとしては、本当に何もせずベットでゴロゴロしてるだけでお金が入ってくる印象がありましたが、思っていたよりも手やら他にも動かしてます
 
 
株なんかも配当金で生活できるにはまだまだ遠いので、値動きを捉えて儲ける必要があるので、基本的に市場が開いている時はPC張り付き か スマフォを片手にずーっと見てる状態
 
それが終わったとしても、経済ニュース漁ったり、儲け話の種になりそうな話題を見つけるために意外と情報収集を行わないといけません
 
 
後は、ブログなんかもブログそのものに費やしている時間は書く時間・ネタ収集などなど様々な作業を合わせて一日最低6時間はかかっていますが、成果は7ヶ月で月1000円稼げるようになっただけ
 
ブログの方はやり方もあまりよろしくないんでしょうけど、私のような人は決して珍しくないと思います
 
 

幸いな事に、株の時間とブログの時間は同時に平行して行えるので、一日の作業量は合計で14時間分は働いているんじゃないかな?
 
実際は株8時間、ブログ6時間を同時に行っているので、実際の作業時間としては少ないかもしれません
 

 

人間関係は想像通り希薄になります

これはネオニート前から想像通り
 
私自身、人とよく揉め事を起こす性格なんで、人付き合いってのが家族と友人を除いて結構煩わしく感じてましたので、人と関わらずに済むなら排除したいと思っていたくらいでした
 
 

家での作業は本当に誰にも頼らず、一人で黙々とやるので、脳みその許容メモリが少ない私にとって、ブログと株という2つの作業を行うとは言え、PCという目の前のものだけに集中すれば良いのが凄く楽
 
 
社畜をやっていると、好きでも無いどころか、法律がなければ暴行したくなるような人間に気を使う必要があり、そういった奴らのせいでストレスがハンパなく貯まるので、そういった煩わしさが無いのでこれは本当に魅力的
 
 
逆に「誰かと一緒に居ないとイヤ!」って人には全然オススメ出来ませんね
  
 

世間体を気にするという話もあるが私は全然無い

よく「家に居ると世間の目が気になる」といって世間体を気にする人が居ますが、私はそんなことはない
 
むしろ収入はあるので「ちゃんとお金稼ぎしていますが何か?」とドヤ顔で歩けますよ
 
 
私自身が嫌われても痛くも痒くもないという人種なんで、どうでもいい人間にどう思われても全然平気
 
むしろ世間の人間は、自分のことなんてそこまで見ていないって事を知っていますからね
 
私の隣の家は、昔は大喧嘩の声が聞こえてきてたけど、ぶっちゃけこっちに被害が無いからどうでも良いし、隣の人が何で揉めたとか知りませんから
 
 
 
これはどちらかと言うと、私自身の性格が大きいかも知れませんが、世間に負い目を感じることを一ミリもありません

 

 

時間を自由に作れるのは魅力的

確かに沢山 手を動かす必要はあるんですが、その時間配分を好き勝手出来るのは魅力的
 
気分が乗る時ならブログを10時間ぶっ続けで作業してストックしても良いし、気分が乗らなかったり株式相場が動かない時はいっそのこと寝たりする
 
 
仮に2日で12時間作業しないといけないって事があったら、平等に6時間づつ分けても良いし、極端に言えば前日に超頑張って次の日は全くサボるってのもあり
 
 
だから365日毎日お金稼ぎをしつつあるけど、同時に365日休みでもあるという「何をいってるのかわからねーと思うが」って事になりそうですが実際そんな感じ
 
  
 

終わりに・実際なってみて想像とは違うけどこれはこれで結構良いものです

実際にネオニートなってみると、思ってたよりは大変だけど、想像通り社畜をやって生きるよりはずーーーーーーーーっと良かったです
 
やはり収入を得るためには、ある程度は行動をする必要があるのは社畜も変わらないんで、作業をせずに収益が入るというモノでも無かったです
 
 
不労働所得と言われていますが、実際にはかなり労働してるんで、不労働所得という言い方は結構不適切なのかも知れませんね
 
 
 
しかし、社畜と比べてもメリットのほうが遥かに魅力ですし、社畜の旨味が減ってなくなってきているのにデメリットだけ背負うことを考えたら、相対的にネオニートのほうが絶対に良いなって思えます
 
社畜の要求水準は年々高くなるので、出来るだけ余裕のある段階から社畜脱出の為に活動するのもいいんじゃないでしょうか?

ツイートツイート

-雑記