雑記

高額な貯金が出来る方法9選!20代で1000万貯めた私の生活!

世間を見ていると意外と金を貯めるのが難しいという人間が多いみたいですね 

 
 

どうも!タイトル通り、三十路までに1000万を貯めたAtusiです!
 
 
お金が貯めるのに苦労をしてる人間が居る一方で
 
 
女性自身 20代で1千万貯金する「富女子」が急増中 貯蓄のコツは計画表と環境
 

ここの記事のように、お金を貯めるやつは若い人でも7桁なんてのは珍しくないように2極化してるように思えます
 
よく貯蓄の話になると、この額を言うと驚かれ、方法なんかを根掘り葉掘り聞かれますが、私としてはそこまで無理をしている訳でも無いので、自然に溜まったようなもんなんです
 
 
そこで、今後の将来に不安があって貯蓄をしたいなと思ってる人に、普段やってる私の行動を書いてみようかと!

 

1,安い食べ物が好き好んで食べる

これはジャンクフードとかそういう意味ではないです
 
むしろ、ああいう食べ物は量から見ると割高だったりするので、自分から買ってまで食べようとは全然思いませんが
 

 
私の言う安い食べ物というのは、魚だったらアラの部分、肉だったらヒネ鶏といった、値段は安いけど味のあるものを好き好んで食べます
 
たまにスーパーで捨て値で売ってる使い道なさそうな食材とかかなり好き
 
ヒネドリの鶏ガラとか、ダシを取りつつ、骨の周りについた肉とか結構美味しいんですよ
 
特に最近だと、私の良く行くスーパーで、小さすぎてどうしようも無い雑魚が沢山入って捨て値だったりするので、これを上手に煮魚とかにするとたまらない 

 
 
ああいった普通の人間が食べないような部分ってのは、独特の味があって美味しいんですが、見てくれがさほど良くなかったり、調理がめんどくさかったり知らない人が多いので、商品価値が低くて誰も買わないんですよね
 
 
昔だったら牛すじとかが典型的な例で、しっかり煮込めばとても美味しいものになるので、商品価値が無い時は好き好んで食べていましたが、最近はいろんな人がアレの美味しさに気がついてるんで高くなってきたのでさほど食べなくなりましたが・・・
 
 
 
 
 

2,用事のある時以外はコンビニと自販機に寄らない

飲み物とかが欲しくなった時以外は、コンビニや自販機といった所は、商品が割高で置いてるので近寄りません
 
公共料金を払う時くらいは行きますけど、コンビニでする用事と言えばソレくらい
 
 

仮にジュースが飲みたくなった場合、業務スーパーとか行ったほうが1/2~1/3くらいまで値段が抑えられるので、どうしても欲しくなったらそこで買います
 
といっても、ジュース等の飲料は全然飲まなくなり、水かお茶で不満は全然無いので、そういう点でも安上がりですね 
 
 
 
最初から目的があったのならコンビニとかでも買ったりするけど、目的がない時は基本的に立ち寄らないのが一番です
 
 

3、移動費なんかは出来るだけ安く

遠出するときとかは、基本的に電車+徒歩
 
バスで行ける範囲は大体歩いてどうにかなる距離が多いので乗りません
 
 
自動車も乗っているのは軽自動車で、燃費が良ければ後はどうでも良いという考え方
 
普通自動車とかガソリン食いは維持費が高く付くし、車に全然興味が無いので、目的地に安くつけばいいという考え方
 
 
東京に極稀に行くときとかは流石に新幹線に乗りますが、行った先で支障が出ると判断すればグレードを上げますがその程度です
 
間違ってもグリーン車とか乗ったりすることはありません
 
 

移動するのには目的地にさえつけばいいので、その間の快適さが欲しいなら宿泊先のグレードを上げたほうがいい
 
私の場合だったら宿泊先も寝れさえすればいいという考えなんで、出来るだけ費用を抑えますけどね 
 
 

 

4,欲しい高額品があれば、欲しい気持ちを半年維持してみる

そんな質素な生活ばかりしていますが、贅沢品が嫌いというわけではありません
  
私でも数万もするような高額品が欲しくなる時ってのはやっぱり存在するんですよ
 
むしろ手に入るならウェルカムなぐらいです
 
 
そんな時に試して見るのが
 
「欲しい気持ちを長期間維持できるか?」
 
と言うもの
 
 
高額商品で衝動的に欲しくなったとしても、買ってみると使わなくなり倉庫の肥やしになることがあり、ソレを防ぐためにはどうするべきかということを考えた結果こうなりました
 
  
本当に欲しいものってのは、数年経っても欲しいもので、そういうものは買ったとしても絶対に後悔することはありません
 
逆に興味が失せてしまえば、ソレはソレで無駄な出費を減らせたのでOK
 
 
たまーーーーーーに半年我慢して欲しい気持ちを維持しようと心がけて、その気持を押しのけるほどの物が存在しますが、それならそれで本当に欲しいものと言うことなのでOK
 
 
 
この物の買い方をすることで余計な出費が減ったので、その分余裕が出来るようになりました 
 

 

5,メモ帳なんかは広告の裏の白紙を切って使う

貧乏くさいかも知れませんが、メモ帳みたいに結構使い捨てするものにお金をかけません
 
どうせ後から捨てるのならば、タダ同然で入手できて、そのうち捨てるものを使うことで一石二鳥
 
 
意外とこの積み重ねが馬鹿にできない 
 
 

6, ゲームは基本無料or初期投資だけで済むもので遊ぶ

私の趣味にゲームがあるんですが、ソシャゲーみたいな札束で殴り合うようなゲームは絶対にしません
 
その手のゲームは課金すれば楽しいんでしょうけど、ゲームの腕前とかで競うわけじゃないので、そういった面白さが感じられないんですよね
 
 
ネトゲなんかでも基本無料のゲームが多く、無料で遊べる範囲だけで物事を済ませます
 
課金なんかしたくなったとしてもお金が勿体無いのでしません
 
http://worldofwarships.asia/

最近やっているゲームだとこの上記URLから飛べるワールドオブウォーシップス
 
第二次世界大戦中の船でドンパチやるゲームなんですが、洋ゲーは課金要素が少ない上にゲームの出来が良いので好き好んでやります
 

 

据え置きのゲームで遊ぶなら大体PS3
 
本体とアケコンとモニターとソフトさえ買えば、ネットに繋ぐのに月額課金も必要ないのでオススメ
 

 
特にこのフルブーストは、このゲームをやるためにPS3といっていいくらい
 
発売当初から既に2万戦程やってますが、ゲーセンでやると1回100円と考えて、200万円分はプレイしてることになるので十二分に元はとってるんじゃないでしょうか? 
 

 
XBOX360も持ってたんですが、ネット環境に繋いで遊ぶのに課金が必須って事で使わなくなりましたし、継続的な課金要素のあるものはお金が勿体無いので自然とやらなくなる
 
 
PS4そのものは欲しいけど、PS3と違ってネットに繋ぐのに月額課金が必要だからよほどのゲームが出ない限りはやらないつもりです
 
 

7、やり続けるとマイナスになる趣味はやらない(特に酒やタバコやパチンコとか競馬)

初期投資を行ってから、続ければ続けるほどゼロ以下になる趣味は基本的に行いません
 

釣りなんかは道具と餌を買ったとしても、魚が釣れれば生産性があるのでそういうのは可
 
ゲームなんかも初期投資さえやってしまえば基本的に電気代くらいしかかからないのも可
 
食べ歩きというのは食事も兼ねてるんでそれも可 

 
 
ここでマイナスになるというのは、ゲーセンでゲームみたいに、やればやるほど資金が目減りしたりするもの
 
タバコみたいに害しか無いのに金だけを消化するするもの
 
競馬やパチンコみたいに胴元が大きく取る上に、儲かる可能性が非常に少ないもの
 
 
 
金食い虫になったり、害が大きいものはやろうとすら思いません
 
 
パチンコとか競馬はやり方次第では儲かるらしいですが、そこまで出来るほどの頭も興味も無いので触らないのが一番

 
 
 

8,貯金が貯まればすぐ投資

株の投資は小学生の頃からもうやっていたんで、お金が出来たらすぐに投資に回してました
 
お金が増えたり減ったりするのって、真面目に節度を持ってやっていましたが、ある意味ではゲーム感覚だったので貯蓄してるよりは増やしたほうが得だと当時からこんなんでした
 
 
株が生活の為の収入の軸になると無駄遣いが減るという話をする
 
 
この記事は最近の投資が生活の軸になってから書いた記事ですが、基本的な考え方は変わっていません
 
 「無駄金を使うぐらいなら全て投資に回す」という考えが幼少期から出来て居たのが大きかったのかも知れません
 

 
私自身は無理をしなくても自然体で節約意識があるみたいで、出費もさほど多くないんですが、流石にそれだけだと月給の手取り13万以下が大半の私が1000万も貯めるのはほぼ不可能
 
投資によって、ほぼ倍の収入を得ていたという部分は非常に大きい 

 
 

9, 命に関わるものには出費を惜しまない

私が出費を惜しまないのは
 
「どうしても欲しいもの」
 
「投資資金」
 
の2つの他に
 
 
「命に関わる出費は惜しまない」
 
 
という自分ルールを決めています
 
 
例えば車のタイヤなんかは、異常があると即重大事故につながる部分なので、交換時期が来たらすぐに惜しみなく使います
 
他にも危険作業をする時に使う保護具なんかも出来るだけ良いものを使い、リスクを徹底的に減らせるところまで減らします
 
 
命を掛ける部分をケチったとして、取り返しの付かないことになった時に、いくら札束を積んでも元に戻らないことがあるのを
 
板金加工業は危険!!新卒で入って殺されかけた話!

この最初の会社で学びましたので、安全については惜しむことをしません
 
 
ここの会社のように、指を潰してしまったとしたらどうしようも無いけど、こういったリスクをたった数万掛けるだけで大幅に防げるとすればかなり安い投資
 
ぱっと見は高く付くかもしれないけど、先に「事故した時に初期投資程度で済んだ」という考え方になれば滅茶苦茶安い買い物だったと思えます
 

 

ちょっと言葉は違うけど、命に関わる部分では「安物買いの銭失い」どころか命失いの領域に入るので、ここはしっかりと投資すべき部分ですね 

 

終わりに・私は質素ですが全然無理してません

こんな風に活動をしていれば、お金なんてものは無理をしなくても勝手に溜まります
 
私の周囲を見ると「カネがない」といって困ってる人間ほど、どうでもいい出費が多い
 
 
私のやっていることは投資以外はみみっちい事の積み重ねですが、みみっちいことでも貯まれば結構大きくなるんです
 
お金が貯まらないと嘆いているのであれば、身の回りにある「しなくてもいいどうでも良い出費」を抑えれば自然とお金は溜まります
 
 
その溜まったお金で投資でもすれば、そこまで大きくお金に困ることはなくなるはず
 
 
高額な貯金をしたいと思いであれば是非ともお試しあれ!

ツイートツイート

-雑記