鉄腕DASHが他番組と特番組んだ時につまらなくなる理由を考えてみた!

 

ウチのブログのオススメ記事まとめ!


ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!


ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
【AI投資】トライオートに為替運用させたら71万が93万になりました!
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

鉄腕ダッシュは好きなんですが、他番組と組むと・・・

8f52a74f7829bc9e06e303d0f187677d

どうも!鉄腕ダッシュの存在がない日曜日は存在価値が無いと言えるAtusiです!
 
 
昨日はダッシュとイッテQがコラボして2時間ということで、一応全部見てましたが、正直普段のダッシュの方が面白いなって感じてます

たまにダッシュを含めた日テレ番組4連結とか見るんですが、あんまりおもしろいと思わないのでテレビの電源落としてしまいます

 
私の周りでも他の番組と連結しちゃうとダッシュでもつまらなくなると言うので、その理由は何か根本的なところにあるんじゃないかなと思いました

ダッシュが何故面白いのかという理由を考えると、自然と特番した時のつまらなさが分かってきました

 
という訳で、どうしてダッシュが特番になったらつまらなくなるのかというのを書いてみようかと

  

理由1,特番を組むとダッシュ特有のテンポの良さが無くなる

今回のイッテQとのコラボが特にその傾向が強く出ていましたね
 

専門用語を言う > TOKIOが疑問に思う > ナレーションと映像付きの解説をざっくりと > 終わり
 

こんな感じで本来であれば綺麗に流れていいテンポになるんですが
 

専門用語を言う > 他のぽっと出メンツがついてこれない > 余計なツッコミが入る > TOKIOが疑問に思う > ナレーションと映像付きの解説をざっくりと > 終わり

余計な2アクションのせいで、普段のテンポのいいダッシュを見慣れていると微妙なテンポの悪さを感じるんですよね

微妙なテンポの悪い部分が幾つかあるので、それがだんだんと大きくなって来るという悪循環

 

理由2,ダッシュで見たいのはスタジオじゃない

ダッシュのいい所は、余計なスタジオによるどうでもいい芸能人のトークが無いので、それがテンポの良さに一役買ってます

昔、スタジオがあった時代のダッシュは並の番組と面白さはさほど変わらず、ミーハーアイドルなTOKIOだけ見てるようなそんな感じ
 
 
ハンバーガーに例えると、肉(TOKIO)部分がメチャクチャ美味しいけど番組として全体を見るとそうでもない感じ
 
昔はアイドル人気で見られてたようなそんな感じ

今は全体が釣り合いが取れているから番組全体として面白い感じなんですよね 
 

 
 
だからこそ昔はスタジオでじっくりと芸能人だけ見せていればそれで視聴率が稼げるって感じだったかも知れないけど、今は芸能人だけ見せつけられてても「別に・・・」って感じ
 
 
ダッシュの良さは芸能人を見せつけるんじゃなくて、TOKIOメンバー&スタッフがぶっ飛んだことを全力でやるから楽しいのであって、芸能人見て視聴率を稼ぐような面白さを求めてるんじゃないんですよね

特番になるとどうしてもスタジオが絡むので、その余計な時間分だけ面白さが削られている感じ

そして削られて余計な部分が、面白い部分の放送枠を圧迫してるという・・・ね

 

理由3,TOKIOとスタッフと専門家の凄さが水で薄まる感じ

 あの番組見てて思うのがTOKIOも凄いし、スタッフも凄い、専門家の人も凄い、職人とかその手の筋の人も凄いってよく分かります

そういうすごい人達の集合体を見ていたいのに、素人が参戦するとすごい人の集合体である番組が素人で水増しされて面白さが薄れるんですよね
 
 特番じゃなくても、たまにぽっと出のゲスト出るけど、そういう話は決まってつまらないと感じる

111106_1

ただダッシュ海岸に時々出てくる桝太一アナウンサーだけは別
 
あの人は海洋生物ガチ勢っぽいから見てて楽しい

 

理由4,台本によってダッシュ特有の自由さが無くなる

鉄腕ダッシュの面白さの要因に

%e3%83%80%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

①集合・到着時刻

②満潮干潮の時刻

③日没時刻

④作業目標

コレだけしか書いてないと言うね・・・
 
正直今のテレビの作られた感を見てても正直つまんなく感じます

ダッシュはこの内容が真実かどうか別にして本当に自由で、テレビだからこそ予算を阿呆みたいに使ったアホな事を全力でやってるからこそ楽しいんですよね

特番を組むと、どうしても作られた感が出てくるからダッシュ特有の面白さである自由度が失われる感じ

終わりに・よって鉄腕ダッシュが純粋に見たい人は特番の時は電源を落としてOK

特番を組むとどうしてもまとめるためにどうしても上記のような事をしないといけません
 
それが鉄腕ダッシュの面白さの部分をピンポイントに殺しに来てるので、つまらなくなる理由も当然かなぁと・・・
 

他の番組が面白いとかつまらないとかそういう話ではなく、鉄腕ダッシュが好きで面白さを求めてる層にはどうしても噛み合わない感じがしますね
 
これは根本的にどうしようもない部分なので、改善しようがないとは思いますけどね・・・
 
 
けれども鉄腕ダッシュファンが見たいのはいつもの鉄腕ダッシュであって、特番なんてどうでも良いはず
 
他の番組も単品で見れば楽しめるのに合体させたから台無しになるように感じます

例えるなら神戸牛のステーキと宇治抹茶アイスと言ったデザート類をそれぞれ単品で食べれば美味しいけど、全部ぐちゃぐちゃに混ぜて台無しにするようなそんな感覚

今回はもしかしたらと思って最後まで見ましたけど、途中で電源切ったほうが良かったなというのが正直な感想
 
ダッシュ単体のスペシャルじゃない限り、特番になったら見る必要は無いと強く再認識しました

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!


 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!


・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除したことを明言するエージェントの中では最大手!
1万近くの求人があり、全国規模で求人を掲載されています!
面談場所のアクセスも主要都市の駅から近いので利用のためのアクセスも便利です!
就職のための面接練習などの選考対策のサポートもあり!


・JAIC(ジェイック)説明会申込

100%すべて取材をした求人を取り扱い全国各地で説明会を開催!
契約企業は5万社を超え就職の幅も広いですが離職率の高いブラック業界は除外!
すべて正社員の求人で就職成功率が80.3%に就職後の定着率は94.3%とかなり高く労働者にとって優良企業ばかり!
書類選考もなく入社後の教育する優良企業ばかりなので既卒、第二新卒、大学中退、フリーターかかわらず20代なら就職支援も無償で行ってます!

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

【AI投資】トライオートに為替運用させたら71万が93万になりました!

 

 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!

内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
 
詳細はコチラにて!取材してきました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事