社畜批判

圧迫面接してくる会社は辞退せよ!攻略より引くべき4つの理由!

2017/06/14

転職活動を行ってた時に何社か遭遇しましたが・・・


どうも!面接官が高圧的な時点で、その会社の面接を断るAtusiです!
 
 
何度か圧迫面接というのに遭遇をしましたが、こういった面接を仕掛けてくる会社はどういう理由があっても断るべきと考えてます
 
 
中には圧迫面接を受けても我慢して内定を取る奴も居るみたいですが、ハッキリ言って良いこと無いので労力の無駄です

今回は圧迫面接を仕掛けてくる会社はどうしてダメなのか?というのを記事にしようかと
 
 
 

面接する奴のストレス解消。その会社にはパワハラあり!

面接官が自分のストレスを解消するために、立場の弱い求職者をいびるパターン

これは言わずものがな最悪のパターンですね
 
 
まず労働者じゃない時点で、その会社のお客様になる可能性があるというのに、自分のストレス解消の為に当たり散らすというのは顧客を減らすということにもなりかねません 

そんな単純な事に頭の回らない時点で、その面接官は相当頭が悪い
 
圧迫面接のあった企業の製品とかサービスは絶対に買おうと思わなくなりますから

しかも外部の人間に対してコレということは、運良く(?)内定がもらえたとしても、内部では常時パワハラがあるということの裏返し
 
客になる可能性のある人間にすら雑に扱うのでは、内部の人間にはそれ以上にひどい仕打ちになるのは間違いがない

誰も転がってる地雷を自分から踏みに行こうとは思わないはず
 

 

ストレス耐性を見るというけど、労働者依存でストレスの元を放置すると同意義

もう一つ最もらしい理由に
 
「求職者のストレス耐性を見るためにわざとやっている」
 
というパターン

 
一見まともな事を言ってるように思えますが、裏を返せば

「この会社はストレスが貯まるような問題を放置し、個人に我慢してもらいます」
 
と言ってることと同意義ですからね 
 

本来ストレスなんてモノは無いほうが良いはずなのに、個人に我慢を強いるというのは職場の環境改善に取り組むつもりは無いということと一緒
 
企業は労働環境を良くする義務があるのに、それを放棄しているというのは非常に危ないんです
 
 
これも上記と同じように理由は違ったとしても見えてる地雷ではないでしょうか?
 
 
 

職場の中身が壊れているケースがある

これは私が実際に見たパターンで、圧迫面接を仕掛けるような会社の中身というのは
 
 
・精神が壊されて完全に洗脳されているパターン
 
・常に社内で恨みが溜まっているので一触即発でいつ戦争が起こってもおかしくないパターン
 

この2つになっているケースが多いんです
 
 
前者は圧迫面接を仕掛けられた後で社内見学をする機会があったのでその時に見せて貰って実際に働いている人達から色々と聞いたんですけど、妄信的に
 
「ここの○○さん(経営者の名前)は素晴らしい」と虚ろ目でRPGの街にいる人みたいにしかしゃべらないんですよ
 
初対面の人間に圧迫するとか失礼な事をやる企業だから、一度入ってしまえば過度なパワハラで精神を破壊されるのも想像するのは難しくありません
 
 

後者は洗脳されない場合として、会社や上司に恨みが溜まっているので、何かきっかけがあると乱闘騒ぎになる可能性を秘めています
 
私の時も乱闘までは居なかっかですが何度も小競り合いが起きていて、爆発すると職場が無茶苦茶になるのは分かりきっていましたのでその前に逃げました
 
結果としてその会社は今は傾いてしまっているみたいですが、そんな精神状態ではまともに仕事なんて出来ませんよね 
 
 
 
因果関係は圧迫面接をするような所はパワハラがある。という前提からですが、私が見てきた感じでは大体はこの2つの方向に狂っているのでどっちにしても避けたいです

 

終わりに・面接は企業が労働者を見る場だけど、同時に労働者が企業を見る場

面接を受ける人間は
 
「内定を勝ち取るためにいい顔をしないと・・・」
 
って思う人間が殆どのはず。というか私もそうでした
 
 
しかし、面接ってのはどんなにやったとしてもミスマッチというのがかなりの頻度で起きます
 

面接の数分で人間性が見抜ける。という面接官に何人も会いましたが、果たして私を見抜けた人間が何人居るのでしょうか・・・
 
ハッキリ言って面接の15分程度で分かることなんて知れています
 
 
ただ逆に言えば、その15分程度でヤバイと感じることがあれば、間違いなくその後ろには数十倍のヤバさが潜んでいるので、違和感を少しでも感じたら即座にその場で断るほうが、自分の時間を無駄にしないし、余計なストレスが溜まるのも防げます
 
そのヤバイと感じる分かりやすい基準に圧迫面接というのが一つなので、そういう会社は内定が出たとしても避けるべき
 
 
 
 そんな地雷企業は有名な所であればある程度は情報が出回っているでしょうし、面接に行くという行為すら無駄なので「10万件の企業口コミ。キャリコネ」に登録して実際に労働している人の情報を見ればブラックに入る可能性は一気に落とせるでしょう

DODA」みたいな転職エージェントに相談して、業界を知り尽くした転職のプロに相談すれば地雷を避けるための手伝いをしてもらえる可能性は非常に高い
 
 

会社が嫌で転職したい?無料で使える転職支援サービス集めてみた!  

脱ニート・フリーターを考える20代にオススメ転職エージェント集めてみた
 

他にもこの様に無料で出来る転職手段が現代には豊富にあるので、これらを活用するというのも一つの手
 
世の中には圧迫面接なんてクソ行為をしてこない会社の方が多いハズなので、わざわざ好き好んで地雷を踏む必要は無いです

ツイートツイート

-社畜批判