ブログの事

ブログ開始4ヶ月で月間1万PV達成しました!

いつも読んでくれている皆様ありがとうござます!

どうも!やっとブログ中級者層に突入できたAtusiです!
 
このブログも4ヶ月運営して
 
PV1万
月間1万PVの壁を突破することが出来ましたぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!
 
昨日は本気で嬉しかったのでツイッターで呟いて、様々な方々からお祝いのコメントを頂いて滅茶苦茶嬉しかったです!
 
全てのお祝いのコメントには一つ残さず目を通しています!嬉しがりなもんでな!

その中でも特に

これが一番嬉しかった
 
見てくれている人は確実に居るんだと分かったのと、やってた事が間違いじゃなかったって確信出来たのが一番大きい

 
1万PVは全体で見たら大した事のないように見えるかも知れませんが、ブログ運営の上位1割に属するらしいので、そう考えると中々のものじゃないでしょうか?
 
個人的には半年で月間1万PVで、そこから1ヶ月毎に2万PV、4万PV、6万PV、8万PV、10万PV、と約一年かけて持っていく予定だったので、周りのペースを見たら遅いかも知れませんが、自分の決めてたペースよりは2ヶ月も計画が前倒しになってるのは嬉しい誤算!
 
今回は月間1万PVを取った方法や、今後の目標とかを書いていこうかなと
 
 

4ヶ月で月間PV1万を取るまでにやったこと

私みたいな文才が特別無い素人は
 
 ブログの3ヶ月100記事の説は嘘!凡人は4ヶ月700記事をやれ!
 
この様に数でゴリ押しするしかないです
 
 

後は最初期ですが
 
プロブロガーの「宮森はやと氏」に50円でブログ見てもらったよ!

この様にプロにスタートの加速をつけて貰えたのが大きかったですね
 
チャンスが目の前に転がってたので、考える暇も無く飛びついたのは大正解
 
この後はあまりの人気っぷりに数日後に募集締め切りでしたからね
 
上記URLに最初期に受けたレクチャーを書いたので、今後ブログをやりたいって人にはスタートダッシュには使えるんじゃないかと
 

 
後はツイッターでしつこいくらい毎日宣伝をかけるようにしたのも大きいですね
 
私の持論ですが、ブログが読まれない理由って「ただ単にそこにあることを知らないだけ」って思ってます
 
有名ブロガーでもネットでは知られて居たとしても現実世界では知らない人の方が遥かに多いですからね
 
どんなに駄文を書いたって、どんなに極悪人だとしても、地球上全ての人間に嫌われることって不可能だと私は考えてます
 
だったら良い文章を書いて待ちゲーをするよりは、そこそこの文章でも書いてこちらから全世界に向けて知らせた方が読者が付く確率は高いですからね
 
私自身はブラック企業や社畜を叩いたり、確実に儲かるタイミングや大きく相場が動いた時の株式の自分の考え、後は料理の事とそれ以外の雑記を垂れ流してるだけなので、人畜無害のはずなので、極悪人よりは好かれる可能性は高いですからね
 
 
だからしつこいくらいに「俺はココにいるぞぉ!!!」と検索流入を待つのでは無く、自分からも攻めに行ってます

幸いコンテンツの多さは現在380記事を公開してるので自分では少ないとは思ってませんしね

 
 
それと、私よりも同時期に始めた人がPVを上げていくのを羨ましくも思いましたが、他人との相対的な評価では無く、自分の決めていた絶対評価で判断すると気持ちが滅茶苦茶軽くなります

 
「他所は他所、ウチはウチ」って言葉はこういう時に使いたいですね!
 
素直に4ヶ月で1万PV行ったことはガッツポーズして「ウヒョヒョヒョヒョー!!」と気持ち悪く笑って喜ぶのがいいんじゃないかと思ってますw
 

 

今後の目標は当然10万PV

長い目で見ての目標は来年の4月までに10万PVを取ることを目標
 
遅くても2年で達成するのが当初の予定です

とりあえず目先は半年で2万PV行ければとは思ってます
 
 
アドセンスが止められたのもあるのと、私自身が成功報酬型のASPが壊滅的に向いてないってのがやってる内に分かってきたので、月間10万PVを取れるようにブログを持って行って、自分から月極広告の掲載をしてもらうように企業へ売り込みに行くのが、ここの最終的な目標
 

私自身は田舎へ移住して自給自足をするっていう夢があるので、そのために田舎に移住したとしても勝手にお金を稼いでくれるシステムを構築したいなと思ってブログをやっていますからね
 
後は株の配当金とブログ運営とで合わせて月15万入るようになれば、と考えています
 

片方で月15万の収入はかなりきついかなって思いますが、両方を本気で取り組めば素人でも決して達成不可能な数字では無いと判断しています
 
 
 
これからもほぼ毎日ブログを更新する予定なんで今まで応援してくれたり、ココを見てくれた皆様に感謝すると同時に、今後の活動も見ていただければと思ってます!
 

 
 

ツイートツイート

-ブログの事