社畜批判

ホワイト企業って法律を守って当たり前の事やってるだけだからね?

そう考えるとホワイト企業のハードルの低さとブラックの多さって異常よね


 wa

どうも!ホワイト企業でなら就職しても仕事が続きそうなAtusiです!

経済省が22日から「健康経営優良法人(ホワイト500)」というものを選定するみたいですが

 

ソース

経産省、健康経営優良法人「ホワイト500」選定へ

日本経済新聞 直リンク

 

正直健康に気を使うとかそんなんじゃなくて「労働基準法守ってない会社を取り締まる」だけでいいんだよなぁ・・・
 
なんというか現在が凄く異常に感じるので、思うことを書いてみようかと

 

ホワイト企業と言うが「特別」では無く「当たり前」のはず

ホワイト企業の定義って

 
・人が当たり前に暮らせる給料を出す

・長時間労働や休日出勤が無い
 
・有給休暇が消化できる

・サービス残業など給料未払いがない

・不正を行っていない
 
・個人が捌けないノルマを与えられない
 

なんかがホワイトって言われてますが「普通じゃね?」って感じます
 
しかし、この普通ですら守られてないって現代の会社ってのは異常としか見えません
 
要約しても「不正をせず法律を守ってる」ってだけですからね

 
本来であればホワイトってのは当たり前を守りつつ、そこから があって判断されるべきじゃないかなって感じます
 
 
 

当たり前を守ってるだけでホワイトに見える現在のブラックの多さ

しかし、この「不正をせずに法律を守ってる」って会社があまりにも少なすぎて、不正をしてないってだけでホワイトに見えるくらいブラックが多い
 
現に私もかなり職を転々としましたが、完全に法律を守ってる会社なんて一つも無かったですからね
 
多少差はあれども、何処も守ってない会社が多すぎる
 
 
これじゃあホワイト企業に入れるのは宝くじを当てるようなものだ。ってのも分からなくも無い
 
世の中にはあるにはあるんでしょうけど、私も友人も含めて完全なホワイトに居るやつを見たことが無いので都市伝説クラス

現在ではホワイト企業の下はブラック化する可能性大

これは私の派遣をやってた時の体験です
 
派遣先の大企業がホワイトとは言い切れないけど、それでも同じ仕事をやって、向こうにはボーナスやリフレッシュ休暇といったおいしい餌がありました
 

しかし、派遣側には一切そんなものはないのに労働は同じ
 
場合によっては危険な仕事は全て派遣にやらされるので、死者やけが人が出るのは決まって派遣の人間ばかり
 
大企業をホワイト認定をしたとしても、その下で働いてる人間の待遇ってのは悲惨なモノであることが多い
 
少なくとも私がやっていた頃は派遣だからといって仕事が楽なモノを回すどころか、嫌なら辞めろと言わんばかりにキツイものばかりでした

3交代なのに16時間勤務だったり、夜勤でも明けってものは存在しなかったりと人間扱いされてなかったですね
 

大企業のホワイトさは、下々の犠牲の上に成り立ってるのでは?と思わずにいられません

 

健康診断とかよりも長時間労働や残業代の有無で認定を行うべき

健康診断とかで決めるというけど、そんなものよりも「労働基準法」という最低限の人扱いするための法律を守るだけで劇的に改善するはず
 
人扱いをしてないから健康を崩し、人間が消耗し、経済が回らなくなる。たったそれだけの事
 

こんなことで国が「ホワイト企業」って認定するのって「この国は労働基準法守ってない会社がいっぱいあります」って言っちゃってるようなもん
 
仮にホワイト認定した後にブラック行為が判明したらどうなるか悪い意味で楽しみですけどね・・・
 

そんな法を守ってるからいい会社認定をするよりも、法を守ってない会社を撲滅した方が総合で見てプラスになるはず

けれどもブラック企業、ホワイト企業って認知されてきてることは歓迎すべき傾向

ホントに数年前は「ブラック企業」「ホワイト企業」なんて言葉も全然浸透してなくて、ブラックのヤバさなんかネットをやってた人くらいしか浸透しておらず、一般では全然知られていませんでしたからね 

こういった言葉が認知されはじめて来た事そのものは歓迎すべきではないでしょうか?
 
国の対応なんかは遅いとは思うけど、何も手を打たないよりはいいんじゃないかなって思ってます
 
 
国の対応を待つだけでは無く、労働者側も違法行為には徹底抗戦をし、どんどん裁判を起こしたり、すぐに辞めたりといったブラックの利益にならないように行動をしたいもんですね

 

ツイートツイート

-社畜批判