雑記

詐欺プロバイダー「Toppa!(トッパ!)」を違約金無しで解約する方法

2017/03/03

流石に頭に来たので解約を申し込んできました


金太郎
今回の騒動一連の流れはコチラ

プロバイダがTOPPAに変わってから速度が遅い!ADSLどころか電話回線だこれ! ←前回

詐欺プロバイダー「Toppa!(トッパ!)」を違約金無しで解約する方法

詐欺プロバイダToppa!の代理店ジャパンコネクトセンターと戦った!
 
プロバイダの事でNTTコミュニケーションズから電話あってブチ切れた

プロバイダをToopa!からspeedia(スピーディア)に変えた結果

プロバイダをSpeedia(スピーディア)にしたら速度は結構安定した件について

プロバイダのSpeedia(スピーディア)が使い物にならなくて評判最低な件について

 

こんな事があったので、流石の温厚な私でもブチ切れそうになったので解約することに

しかし、調べるとわざと回線制限をかけてイラつかせて違約金を取ると噂だったので、事前に手を打つことに

 
 

まずは回線の速度の情報を5日ほど収集

速度が本当に落ちてるかどうかを情報収集
 

私が使用したサイトは

http://www.musen-lan.com/speed/

ここのサイトを使って
 

速度
 

こんな感じで測定した数値を毎日メモ帳にでも貼っておきます
 

大体ですが私の場合だと昼間は60~70Mbps、これが17時から朝方まで速度が落ちて17Mbps~23Mbpsって数値になります

契約した時の数値は100Mbpsなんで明らかに遅いですね

このように毎日、朝と夜の速度が違うということの証拠をとっておきましょう
 
 
  

次に電話先は、フリーダイヤルの方につなぎましょう

最初に問題がある場合は
 
「0570-783-108」
 
のナビダイヤルの方に電話をするように言われますが、ハッキリ言って何も解決しないんで時間の無駄

 
しかも全国に窓口があるらしく、同じ番号につなげても同じ担当者に繋がりませんので「少々お待ち下さい」「後日掛け直して下さい」のコンボで切るたびに何回も同じ説明をすることになります
 

更に22.5秒毎に10円も電話料金が掛かるというゴミっぷり
  

もう詐欺としか言いようのない酷さ
 
 
って訳なので、大本のHi-Bit(ハイビット)の
 
「0120-102-543」
 
に電話したほうが早い上に、電話料金向こう持ち

 

間違いなく最初からこっちに電話したほう良い
 

 
仮に電話を中断することがあった場合は、○時間後に「向こうから」掛け直してもらうようにしないと、何度も同じ説明をしないといけませんので時間のムダです

  
 

どういう風に言えばいいの?

 
まずは最初は普通に、

「契約内容では速度が100Mbps出るという内容で契約した」

ということを伝えましょう
 

次に

「5日間計測して、朝と夜と計測したが明らかに毎日速度が違う」

事を伝えます
 
この時に具体的な数値を出すともっと良いですね
 

次に十中八九「お客様の方の設定のほうが(以下略」と言ってくるので

「朝と夜とでは設定を変えていない。必要な設定があるのであれば教えて欲しい」

と伝えると次は向こうが黙るか、また「契約がー」と言ってくるはず
 
 

次に言うのは

「契約した内容が出来ていない。回線速度の制限を解除するか、違約金無しでの解約を求める」

と言えば「回線制限はしていない。契約が(以下略」と言い出すので、朝と夜の計測して違う説明を求めましょう
 
 
多分ここでごちゃごちゃ言ってくるので

「貴様らこっちが素人と舐め腐った商売してるんか?」
 

 
「こっちは回線制限かけてるのはもう解ってるんだよ!
 
 

「契約不履行の上、違約金取るってどういう神経してるんだ?」
 
 

「詐欺の集団かてめぇら!?」
 

と今まで下手に出てた分、一気に強く出ましょう

なんなら思いっきり低音のドスをきかせるとGoodですね!

ちなみにさっきこんな感じで本当に声荒げました
 

そうすればすぐに違約金無しで解約の手続きをとってもらえますので、最後はしっかりとお礼を言いましょう

あくまで筋を通さない人間に対してだけ徹底抗戦の構えを見せる感じで
 
 

1ヶ月だけ定額料金を払って月末解除という形にして欲しいと言われますが、これはまぁ受けても良いと思います

次のプロバイダ探すのにゴミ回線でもつながってないと調べられませんからね

向こうは無知だと思ってると知らぬ分からぬでのらりくらりとして来ますが、集めた証拠を叩きつけ強気に出ると一気に対応が変わります。クズの極みですね!

私の場合だとここから更に積める予定もありましたが、すぐに手に平返しであっさりと

ハッタリでも良いので証拠を叩きつける時は強気にやるのがポイント!
 


後、途中でベストエフォードがどうこう言ってきますが

「提示した速度を出せるように調整しろ!」
 
「それが出来ないならビタ一文払わない!」
 
で通しましょう 
 

契約した内容が果たせていないので、それに対して違約金など行ってきた場合でも
 
「契約不履行だ!」
 
と、それ一点のみで突っぱねることが可能です
 
 

 
「この内容で契約します」と言ってるのに、契約を果たしていないのは向こうですから、良心を痛める事はありません!
 
詐欺には断固として戦いましょう!
 

  
 
仮にこれらを言った後に「裁判をしなければ・・・」なんて言ってきてもビビる必要は一切なし
 
「明らかに意図的な回線速度の操作」
 
「提示された契約内容のサービスが果たせていない」
 
点で、証拠を集めているのであれば確実に裁判になったとしても有利です
 
 
コチラから迎撃するのであれば
 
 
「裁判!?いいよ!内容証明送ってきてよ!!」
 
 

「回線速度の制限を行ってる証拠を揃えて裁判には必勝の布陣でお待ちしております!」
 
 
といえば、引っ込むはずですし、仮に本当にして来たとしても勝てる要素が大きい
 
自分から「裁判するぞ!」と言ってしまうと脅迫になるので、その一点のみ注意
 
 
仮に自分から言うのであれば
 
「こっちが間違ったことを言ってると思うのであれば、裁判でも起こせよ。その場合は内容証明送ってこいよ」
 
と、向こうからの裁判を促す形にすれば問題ありません 

 
とにかく訳の分からない事を言ってきても、決して脅しなんかに怯むこと無く突っぱねる事が大事 

    
 

解約させるまとめ

 
証拠を揃えてからやらないとただのクレーマーになってしまうんで、5日ほどしっかりとデータを取るのは大事です

「遅い気がする」とか言っても「気のせいじゃないですかね?」で終わるので、しっかりと数値で伝えるのが大事

もしToppa!の社員さんがこれ見て「名誉毀損だ!」というのであれば裁判でもなんでどうぞ

100%事実に基づいて書いていますし、本気で詐欺集団だと思ってます
 
今後も被害者を減らす為、この記事を消すつもりはありませんので!
  
  
  
NTTの回線工事と無料セットでプロバイダ契約を薦めて来ますが、Toppa!って名前を聞いたら辞めたほうが良いです

本気でストレスしか貯まりませんので
 

Toppa!に違約金とられるのが嫌だけど解約したいって場合は是非どうぞ!


人を騙すような詐欺会社は徹底抗戦して潰してしまった方が世の中のためですしね!
  
  
 
 
 
 

終わりに・Toppa!からのプロバイダの替え先として

 ちなみにその後、NTTから電話があり、代替えの回線として

 SoftBank 光の回線を進められたのでコレ使っています

今のところ関西圏でも60Mbps~70Mbpsの安定した速度が出ており、今のところは不満はありません
 
 
 
ちなみに以前使っていたのがeo光私の場合でしたら70~80MbpsというヤフーBBよりも更に上の速度が出ていましたし、一度解約して戻すとなると更に料金がかかる事になったために戻していません
 
戻せるものならこのeo光に戻したかったんですけどねー・・・
 
 
 
eo光は関西電力がやっているサービスなので、関西圏の地域だと良い結果が得られるみたいで、逆に関東圏であればSoftBank 光のほうがいい結果が出ると聞きますが実際に使ってみた感じでは誤差の範囲です
 
若干、前者の方がいい結果が出てますが、気にするほどのモノでも無いです
 
 
 
 両者どっちが良い悪いって訳でも無いくらいの誤差の範囲でしょうけど、強いて言うなら関西圏であればeo光の方、関東圏の方であればヤフーBBの方が、それぞれ良いんじゃないかなと?

ちょっとお値段は高いかもしれませんが両方共 大手なので速度は安定していますので、快適な環境には変えれません
 
 
Toppa!等ゴミプロバイダから乗り換えを検討されているのであれば、この両者の内から契約されてはどうでしょうか?
  
  
    

ツイートツイート

-雑記